シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習(2年)B
(Seminar (2nd year)B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐藤 大祐(SATO DAISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N845(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM2003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB624 



授業の
目標
Course
Objectives
地域の自然・文化の多様性や地域差,地域の個性を理解する。そうすることで地域の魅力を発見し,引き出し,ひいては観光まちづくりに結実させる。 
We will understand the diversity of regional nature and culture, regional differences, and the unique characteristics of an area. By doing so, we will discover what makes the area attractive, and eventually make it into a tourist destination. 
授業の
内容
Course
Contents
演習の実施にあたっては,地理学の理論や手法を援用する。具体的には,どこに何があるのか・なぜそこにあるのか(立地),どのようにしてできたのか(地域形成と変容),どこになぜ行くのか(観光圏と観光行動),どのような人がどこから来るのか(客層と集客圏)などを考えていく。 
We will use geographical theory and methods in the seminar. Specifically, we will consider, what is there, why it is there (location), how it was made (regional formation and transformation), where and why to go (tourist sphere and tourism behaviors), and who comes from where (visitor profiles and areas). 
授業計画
Course
Schedule
1. グループ研究のテーマ探し 
2. グループ研究のテーマと調査地の決定 
3. 研究方法の決定 
4. 資料収集と調査票の設計 
5. 調査票の作成 
6. 調査票の試行と調査内容の再検討 
7. 調査結果の整理 
8. 調査結果の分析 
9. 調査結果の分析 
10. 補足調査 
11. 図表の作成 
12. 論文の執筆 
13. 論文の添削 
14. 最終発表 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外に,グループのメンバー同士で討論を交わして,研究方法から資料収集と分析,配付資料とスライド作成,プレゼン技術,論文執筆にいたるまで,自分たちの型を見出しつつ実行する。現地視察会を企画し,全員で各グループの対象地域を巡検する。学期末には,論文を執筆し,論文集を出版する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表とディスカッション(30%) 、現地調査(30%) 、論文の内容(40%)
テキスト
Textbooks
使用しない。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 梶田・加藤・仁平  地域調査ことはじめーあるく・みる・かく   ナカニシヤ出版  2007   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP