シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業研究指導B
(Seminar on Graduation Research B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐藤 大祐(SATO DAISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) N845(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM4003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB712 



授業の
目標
Course
Objectives
これまで学習してきた知識を活かして,地域の自然・文化の多様性や地域差,地域の個性を見出し,卒業論文として公表する。 
By utilizing the knowledge that has been learned so far, we will identify the diversity of nature and culture of regions, the differences between regions and their individual characters, and make public as graduation theses. 
授業の
内容
Course
Contents
学生各自が関心のあるテーマを設定し,これまで学習してきた諸概念,文献調査やフィールドワーク,PCスキルなどをフルに活かして研究を進める。研究の進捗状況の定期的な発表を通じて指導する。 
Each student will determine their theme of interest and conduct research, making full use of the ideas acquired though class, literary research, fieldwork and computer skills. Periodic research progress updates will be given and guidance provided. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究テーマの探求 
2. 研究テーマと調査地の決定 
3. 研究方法の決定 
4. 資料収集と調査票の設計 
5. 調査票の作成 
6. 調査票の試行と調査内容の再検討 
7. 調査結果の整理 
8. 調査結果の分析1 
9. 調査結果の分析2 
10. 補足調査 
11. 図表の作成 
12. 地図の作成 
13. 論文の執筆 
14. 論文の添削 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
3年までに習得したスキルや考え方を活かして地域調査を実施する。調査の途中経過を中間発表として授業内で発表してもらう。最後に調査結果を論文等としてまとめる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表とディスカッション(30%) 、現地調査(30%) 、研究論文の提出とその完成度(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
梶田真ほか『地域調査ことはじめ』(ナカニシヤ出版)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP