シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒業研究指導A
(Seminar on Graduation Research A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
研究執筆演習 
担当者 (Instructor) 舛谷 鋭(MASUTANI SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) N847(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM4003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB713 



授業の
目標
Course
Objectives
4年次の演習は、各自が設定したテーマに基づき、卒業論文と関連づけて研究をすすめる。今年度のテーマは、観光学の研究理論とそれに基づく現地調査の実践である。 
The 4th year seminars will be based on individually determined themes relating to the graduation thesis. This year’s theme is the implementation of field surveys based on tourism studies and related theories. 
授業の
内容
Course
Contents
本演習では観光による地域開発に関わるテーマを講義、講読と参加者による報告を交えて探究する。この演習の履修者には、卒業論文の執筆を義務づける。  
Lectures will be given on themes related to regional development through tourism and along with reports and reading from participants. Students taking this seminar are required to write a graduation thesis.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション  
2. 観光学講読  
3. 観光学講読  
4. 観光学講読  
5. 講読まとめ 
6. 個人テーマ確認・討論  
7. 個人テーマ確認・討論  
8. 個人テーマ確認・討論  
9. 個人テーマ確認・討論  
10. 個人テーマ確認・討論  
11. 個人テーマ確認・討論  
12. 個人テーマ確認・討論  
13. 個人テーマ確認・討論  
14. 卒論中間報告準備  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
履修者ごとに、関心のあるテーマに基づく論文執筆のための資料収集、プレゼン、レポート作成を重ねることで、問題意識を深める。また、並行して講読を行い、国内外の事例と経験から観光学の理論と現地調査の手法に習熟する。卒論中間報告の位置付けとなる夏休み前の国内合宿や、社会連携活動などの準備と遂行について、主体的かつ積極的な関与が求められる。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および参加状況(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 前田勇ら  新現代観光総論   学文社     
その他(Others)
テキストの版、年次は問わない
参考文献
Readings
教場で指示する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://masutani.biz/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP