シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/心理学調査実習1(B)
(Practice in Psychological Research Methods 1 B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 嘉瀬 貴祥(KASE TAKAYOSHI)
都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI)
小口 孝司(OGUCHI TAKASHI)
坂内 くらら(BANNAI KURARA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) N323(Room)
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) N323(Room)
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) N323(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) HM128 



授業の
目標
Course
Objectives
心理学における質問紙調査,面接調査の計画や実施,データのまとめ方,報告書の作成に関して,具体的な体験を通して理解し,習得する。 
Learning and understanding how to prepare and conduct questionnaire surveys, surveys by interviewing, accumulate data, and write reports pertaining to the field of psychology from practical experience. 
授業の
内容
Course
Contents
少人数の班に分かれてインストラクターの指導下で実習をおこなう。実習内容は質問紙調査の実施と分析,心理尺度の開発,半構造化面接,KJ法などである。
この授業は「心理学実験実習1」と対になっており,「心理学実験実習1(A)」(春学期)履修者は秋学期に「心理学調査実習1(A)」を,また「心理学実験実習1(B)」(秋学期)履修者は春学期に「心理学調査実習1(B)」を履修することになる。1(A)と1(B)の授業内容は同じである。なお,各学期の最初の10週で授業が完結する。各学期の残り4週において,選択科目である「心理学調査実習2」を履修することで,心理学調査についてのより深い理解と高度な技法を学ぶことができる。 
Students do practical training in small groups with the guidance of their instructors. The contents of the practical training are conducting and analyzing questionnaire surveys, designing psychological scales, semi-structured interviews, affinity diagrams (KJ Method).
This class comes in pair with "Practice in Psychological Experimental Methods 1" class. Students who took "Practice in Psychological Experimental Methods 1A" in spring semester take "Practice in Psychological Research Methods 1A" in the fall semester, while those who took "Practice in Psychological Experimental Methods 1B" in fall semester take "Practice in Psychological Research Methods 1B" in the spring semester. The contents of 1A and 1B classes are the same. With that, the class ends in 10 weeks from the start of the semester. The remaining 4 weeks of each semester are devoted to the elective "Practice in Psychological Research Methods 2", which promotes understanding of survey methods in psychology, and teaches high-level skills. 
授業計画
Course
Schedule
1. 質問紙調査の企画から実施まで 
2. データ分析の基礎 
3. HADの使用法 
4. 因子分析 
5. 心理尺度の作成 
6. 調査参加実習 
7. 面接法1(半構造化面接) 
8. 面接法2(KJ法) 
9. HADによる重回帰分析 
10. 集団研究指導 
11. 個別レポート指導(1) 
12. 個別レポート指導(2) 
13. 個別レポート指導(3) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習として,最低限,要領書の該当箇所にあらかじめ目を通しておくことが必要である。さらに,毎週のレポートをまとめるために実習後のデータ分析,参考文献の検索と学習は必須である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実習課題ごとに提出するレポート(100%)
備考(Notes)
レポートは原則として,翌週の授業日に提出しなければならない。提出の遅延は厳しい減点対象となる。また種目実施日に欠席した者にはレポートの提出を認めない。
テキスト
Textbooks
学科で作成した「心理学調査実習要領書」その他の資料を用いる。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小宮あすか・布井雅人  Excelで今すぐはじめる心理統計:簡単ツールHADで基本を身につける   講談社  2018   
その他(Others)
「心理学調査実習要領書」に記載。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業計画に記した実習種目の一部は実習の班によって順序が入れ替わる。
概ね半数程度対面実施予定だが、変更になる可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP