シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/心理学演習C2
(Seminar on Psychology C2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 浅野 倫子(ASANO MICHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) N242(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY3920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM226 



授業の
目標
Course
Objectives
認知心理学の、特に言語の認知処理や多感覚情報の結びつけ、注意、物体や情景の認知を中心とした領域の研究の内容や方法、意義の理解を深め、自分自身の研究を立案、実施する能力を身につける。 
Learning about cognitive psychology, especially cognitive processing of language, combining information coming from multiple sources, attention, recognition of objects or scenes, promoting understanding of contents, methods and meaning of research on the said topics, as well as developing skills of drafting and conducting personal research. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期の「心理学演習C1」の最後の授業回で決めた論文を夏休み中に読み、その内容について、この授業の最初のほうの回で、受講者全員に向けて紹介(プレゼンテーション)する。その後、卒業論文の研究を見据えて自分自身の研究の構想を練り、予備実験を実施する。予備実験の計画段階と結果をまとめる段階のそれぞれにおいてプレゼンテーションをし、受講者全員で議論をし、問題点や今後の展開について考え、卒業論文の本実験や研究全体がより良いものになるようにする。この予備実験の計画や実施内容を期末レポートとしてまとめ、提出する。
なお、受講者の人数によっては、各内容にかける授業回数を調整したり、順番を入れ替えたりする可能性がある。また、講義科目「言語心理学」と「認知心理学」をすでに履修している、または同時並行で履修することが望ましい。 
Students read the academic papers they chose on the last class of Seminar on Psychology C1 in spring semester during summer vacations, and make a presentation of the contents to all participants during the first classes afterwards. Then, they prepare the ideas for their personal research with the research for the graduation paper in mind, and conduct preliminary experiments. All students give presentations on preliminary experiments plans and results of experiment, discuss it together, think about problematic points and further development in order to improve their research and main experiments for the graduation paper. They submit the plan and contents of preliminary experiments as a term paper.
Depending on the number of participants, it is possible to adjust the amount of classes and order of each topic. Also, it is advisable that students already took or take in parallel lecture disciplines "Psychology of Language" and "Cognitive Psychology". 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、夏休み中に読んだ論文についてのプレゼンテーション(1) 
2. 夏休み中に読んだ論文についてのプレゼンテーション(2) 
3. 研究全体と予備実験の構想の発表(1) 
4. 研究全体と予備実験の構想の発表(2) 
5. 担当教員との個別面談 
6. 予備実験準備(1) 
7. 予備実験準備(2) 
8. 予備実験準備(3) 
9. 予備実験実施(1) 
10. 予備実験実施(2) 
11. 予備実験のデータ分析とプレゼンテーションの準備(1) 
12. 予備実験のデータ分析とプレゼンテーションの準備(2) 
13. 予備実験の結果についてのプレゼンテーションと議論(1) 
14. 予備実験の結果についてのプレゼンテーションと議論(2)、授業のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
「心理学演習C1」の最後の授業回で決めた論文を夏休み中に読み、プレゼンテーションの準備をする必要がある。また、自分自身の研究とその予備実験の構想、準備、実施、データ分析やプレゼンテーションの準備の際は、授業時間外にも作業が必要になることが予想される。必要に応じて、授業時間外でも担当教員が個別に面談を行い、相談や支援をする。
これらのほか、ゼミで行われる実験に実験参加者や実験補助者として積極的に協力し、心理学実験の経験や知識を増やすことを強く期待する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内でのプレゼンテーションの資料と発表内容(35%) 、授業への積極的な取り組み(一連の作業への取り組み、議論への参加)(35%) 、最終レポート(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業内で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP