シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/心理学演習F2
(Seminar on Psychology F2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) N224(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY3920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM232 



授業の
目標
Course
Objectives
ゼミ参加者各々が,広範囲に先行研究を批判的に調べた上で,教員やクラスメイトとの議論を通して,主体的に独創的な研究テーマを見いだし,心理学的方法論と統計データ分析に基づく実証的研究を行い,現代社会において有意義な卒業論文研究を4年次に達成できるよう,3年次から積極的に準備を行う。 
After extensive critical research in preceding studies, seminar participants engage in discussions with the professor and classmates, formulate their original research topics independently, and conduct empirical research based on statistical data analysis and methodologies in psychology. Thereafter, in their 4th year of study, students begin to write a graduation thesis that benefits modern society, having begun to proactively prepare in their 3rd year. 
授業の
内容
Course
Contents
消費者行動と購買意思決定,人間の情報行動とインターネット利用など,現代社会で最近,関心が高まっている社会心理学・認知心理学の研究領域に焦点を当てる。(a)質問紙調査法など研究法や統計的解析方法に関する学習,(b)自らの研究テーマにつながる学術雑誌論文のまとめと,具体的な質問紙案などを含むレポート発表と討論を行う。最終的には,卒業論文・序論にあたる期末レポートと,調査質問紙案・実験計画案を完成させる。
なお,春学期のゼミの成果をふまえ,夏期休暇中(9月初旬)に,初回のレポート(卒論構想)発表会を実施する。 
Focus is given to social and cognitive psychology, covering recent issues in modern society, such as: consumer behavior, consumer decision making, human behavior data, and the use of the Internet. Students learn about (a) research methods, such as questionnaire surveys, and methods of statistical analysis, and are expected to (b) gather publications in scientific journals related to their topic of research and then present a report that includes specific questionnaire plans and discuss the same. Students finalize their term papers related to the introduction of their graduation papers, and also finalize their survey questionnaire and experiment plans.
Based on their progress in the spring semester seminars, students present their first reports (plans for graduation papers) during the summer break which is the beginning of September. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 統計的データ解析(講義):SPSS, Amosなど 
3. レポート発表と討論(1) 
4. レポート発表と討論(2) 
5. レポート発表と討論(3) 
6. レポート発表と討論(4) 
7. レポート発表と討論(5) 
8. レポート発表と討論(6) 
9. レポート発表と討論(7) 
10. レポート発表と討論(8) 
11. レポート発表と討論(9) 
12. レポート発表と討論(10) 
13. データ解析PC実習:SPSS, Amosなど 
14. 卒業論文研究に関する発表(全員) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
春学期のゼミの成果をふまえ,夏期休暇中(9月初旬)に,初回のレポート(卒論構想)発表会を実施する予定である。そのほか,授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業での発表(35%) 、授業への出席と討論参加(30%) 、授業内期末レポート(35%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小塩真司  研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析[第2版]   東京図書  2012  978-4489021312 
2. 小塩真司  はじめての共分散構造分析:Amosによるパス解析[第2版]   東京図書  2014  978-4489021848 
その他(Others)
社会調査士科目を履修することを推奨する。その他,授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://www2.rikkyo.ac.jp/~tsuzuki/
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/tsuzukisemi/  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP