シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HM239/心理学演習J1
(Seminar on Psychology J1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 岡島 純子(OKAJIMA JUNKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) N334(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY3920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM239 



授業の
目標
Course
Objectives
行動分析や認知行動療法を中心としたエビデンスベースドの臨床心理学について、特に子どもや親を中心とした心理療法についての知識を習得する。さらに、自らの研究テーマについて、考えていく。 
Learning about study areas of associated fields like evidence based clinical psychology (behavioral analysis, cognitive behavioral theory) in particular related to parents and their children, as well as narrowing it to personal topics of interest.  
授業の
内容
Course
Contents
子どもや親を中心としたエビデンスベースドの臨床心理学についての国内の研究論文・文献を講読し、研究課題、基礎理論、実践方法や研究手法についての知識を身につける。各自で、文献や書籍を読み、プレゼンテーションとディスカッションにて知識を深める。 
Students learn about evidence based clinical psychology (mainly psychotherapy for parents and their children) through research papers and literature in Japanese, study research problems, fundamental theories, practical methods and research methods of clinical psychology. All students read related literature, and present a summary and they promote their understanding their understanding of it through discussion.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. エビデンスベースドの心理療法についての書籍講読① 
3. エビデンスベースドの心理療法についての書籍講読② 
4. エビデンスベースドの心理療法についての書籍講読③ 
5. エビデンスベースドの心理療法についての書籍講読④ 
6. エビデンスベースドの心理療法についての書籍講読⑤ 
7. 国内研究論文の講読と発表① 
8. 国内研究論文の講読と発表② 
9. 国内研究論文の講読と発表③ 
10. 国内研究論文の講読と発表④ 
11. 国内研究論文の講読と発表⑤ 
12. 研究テーマの設定と計画立案① 
13. 研究テーマの設定と計画立案② 
14. 研究テーマの設定と計画立案③ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
国内研究論文の講読や発表にあたって,講義外の時間に,論文の講読や発表資料の作成などを行うといった予習が必要となります。自らの発表後は、ディスカッションから得られた知識や考えを整理したり、研究計画に活かすための復習が必要となります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容とプレゼンテーション(50%) 、受講態度とディスカッション(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP