シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HM317/認知心理学(知覚・認知心理学)
(Cognitive Psychology (Psychology of Perception & Cognition)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
人間の高次認知過程と近接領域 
担当者 (Instructor) 都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM317 



授業の
目標
Course
Objectives
人間が外界の事象を記憶し,言語を理解し,問題解決や,判断と意思決定を行う一連の「高次認知過程」について,近接領域にまたがった学際的観点から近年の研究動向を理解する。 
Understanding recent research trends on high-level cognitive processing, such as humans’ ability to recall scenes from nature, language comprehension, problem solving, judgement and decision making, in related fields from an interdisciplinary point of view. 
授業の
内容
Course
Contents
認知心理学は,人間の認識のしくみとその「不思議さ」を探求する。認知心理学は現代心理学における中心的なアプローチであり,人間の認識過程と知識構造について研究が進められている。 本講義では, 特に高次認知過程(記憶,言語,思考など)に焦点を当てる。 また, 狭い枠組みにとらわれず,生理心理学,臨床心理学,情報行動心理学,社会心理学,消費者行動心理学など近接領域にまたがった研究を積極的に紹介する。 
Cognitive psychology focuses on exploring the mechanism of human awareness and its “wonder.” It is a core approach in modern psychology, resulting in significant progress in research on human cognitive processes and knowledge structures. This course mainly focuses on high-level cognitive processes (memory, language, and thought processes). However, it is not limited by a narrow framework, but rather actively introduces research in related fields like psychophysiology, clinical psychology, information behavior psychology, social psychology, and consumer behavior psychology. 
授業計画
Course
Schedule
1. 序論:基本概念とアプローチ 
2. 記憶:意識できる過去と意識できない過去 
3. 日常認知:思い出は変容するか 
4. 言語理解:言語を処理する心の仕組み 
5. 問題解決と推論:知性のきらめきと思考の多様性 
6. 睡眠による多感覚統合機能の学習(ゲスト・スピーカー) 
7. 判断と意思決定:選択のゆがみと判断の落とし穴 
8. 認知行動療法(ゲスト・スピーカー) 
9. 認知の障害:統合失調症 
10. 脳波と事象関連電位 
11. ICT・情報行動の心理 
12. 消費者の認知と購買意思決定 
13. 感情,認知,意思決定 
14. 批判的思考(クリティカル・シンキング) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時の指示に従い,予習・復習を行うことが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
授業内に指示した課題に対する提出物,14回(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋  認知心理学   有斐閣  2010年  978-4-641-05374-8 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 都築誉史(編)  認知科学パースペクティブ   信山社  2002年  4-7972-2217-4 
2. 都築 誉史(編)  ICT・情報行動心理学   北大路書房  2017年  978-4762829642 
その他(Others)
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP