シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HM443/言語心理学(学習・言語心理学)
(Psychology of Language (Psychology of Learning & Language)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 浅野 倫子(ASANO MICHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM443 



授業の
目標
Course
Objectives
言語処理のしくみについての心理学的知識を身につける。さらにそれに基づいて、日常生活における言語的コミュニケーションをよりよいものにするためにはどうしたらよいかを考えられるようになる。 
Acquiring psychological knowledge about the system of language processing. Furthermore, becoming able with this to think about improving everyday language communication. 
授業の
内容
Course
Contents
言葉を読む、聞く、理解する。これらは人間が日常的に何気なく行っていることだが、そのしくみは複雑であり、記憶や思考など他の認知処理とも深く関わり合う。このような言語を操るしくみについて、認知心理学や言語心理学を中心に、発達心理学、認知神経科学などの関連分野の知見も交えながら概説する。具体的には、言語処理の基礎メカニズム、言語使用によって人間の行動や認知がどのように変化しうるか、言語(母語、外国語)習得のメカニズム、言語機能の障害などの話題を扱う。言語処理の仕組みを知ることは、よりよい言語的コミュニケーションや言語学習、およびそれらの支援のありかたについての理解にも繋がるはずである。 
Reading, hearing and understanding words. People do these things without a second thought on a daily basis, yet the structure of it is quite complicated and deeply involves memory, thought and other cognitive processing. This class gives a general outline on cognitive and linguistic psychology, with findings from related fields like developmental psychology or cognitive neuroscience, in relation to these language processing systems. Specifically, it raises the topics of fundamental language processing mechanisms, changes in human behavior and perception based on word use, mechanisms of language acquisition (native and foreign), speech disorders. Knowledge about language processing mechanism leads to better language communication and language learning, as well as understanding the ways to provide support. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション: 本講義の目的と概要 
2. 概念・知識と言語 
3. 読みの認知処理1: 単語認知と心的辞書 
4. 読みの認知処理2: 文・文章の理解 
5. 読みの認知処理3: トップダウン処理とボトムアップ処理 
6. 言語と記憶 
7. 言語と思考 
8. 外国語の習得 
9. 言語能力の発達1: 言語を操るための基盤 
10. 言語能力の発達2: 子どもの言語習得 
11. 言語の脳内処理メカニズム 
12. 言語障害1: 失語症 
13. 言語障害2: ディスレクシア(発達性読み書き障害) 
14. まとめ: よりよい言語的コミュニケーションのためには 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習および復習として、前回までの授業資料やノートに目を通し、理解を深め、知識の定着を図ること。後のほうの回の授業は、それ以前の授業で学んだ内容に積み重ねる形で行われるため、復習がそのまま次の授業内容の予習にもなる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席およびリアクションペーパーの内容(50%) 、授業内レポート(50%)
テキスト
Textbooks
テキストは指定しない。授業は配付資料を用いて行う。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 海保博之 監修/針生悦子 編  言語心理学(朝倉心理学講座 5)   朝倉書店  2006  978-4-254-52665-3 
2. 福田由紀 編  言語心理学入門: 言語力を育てる   培風館  2012  978-4-563-05231-7 
その他(Others)
ここに挙げた他にも、適宜授業内で参考文献を紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP