シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/卒業論文指導演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 浅野 倫子(ASANO MICHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) N242(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM523 



授業の
目標
Course
Objectives
認知心理学の、特に言語の認知処理や多感覚情報の結びつけ、注意、物体や情景の認知を中心とした領域での卒業論文執筆のための研究(卒業研究)を遂行する。春学期の「卒業論文指導演習1」では、文献調査や予備実験の実施を経て、本実験の準備を完了することを目標とする。 
Performing research for the writing of graduation paper (graduation research project) in the field of cognitive psychology, especially cognitive processing of language, combining information coming from multiple sources, attention, recognition of objects or scenes. The goal of Seminar on Thesis Writing 1 in the spring semester is to conduct literature studies and preliminary experiments, finalizing preparations for the main experiments. 
授業の
内容
Course
Contents
卒業研究の(1つめの)本実験の準備を完了させるための指導を行う。基本的に個別指導で進めるが、春学期中、初回ガイダンスの他に2~3回受講者全員で集まり(全体演習)、途中経過の報告会をする。
なお、秋学期の「卒業論文指導演習2」の初回で行われる中間発表会までにその実験のデータ集めと解析を終え、中間発表会で進捗報告をする。 
Students receive guidance for finishing preparations for the main experiment (the 1st one) of the graduation research project. Guidance is provided individually in general, but during the spring semester, aside from initial guidance session, all students are gathered for the seminar 2-3 times where they share reports of their interim progress.
Furthermore, at the first lesson of Seminar on Thesis Writing 2 in fall semester they present interim reports of their progress with the practical data they have gathered and analyzed up until then. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 担当教員との個別相談(1) 
3. 担当教員との個別相談(2) 
4. 担当教員との個別相談(3) 
5. 全体演習(1) 
6. 担当教員との個別相談(4) 
7. 担当教員との個別相談(5) 
8. 担当教員との個別相談(6) 
9. 担当教員との個別相談(7) 
10. 全体演習(2) 
11. 担当教員との個別相談(8) 
12. 担当教員との個別相談(9) 
13. 担当教員との個別相談(10) 
14. 全体演習(3) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献調査や実験準備、データ集め、分析などは授業時間外にも行う必要があると考えられる。特に、秋学期「卒業論文指導演習2」の初回で行われる中間発表会までにその実験のデータ集めと解析、プレゼンテーションの準備を終える必要があるため、夏休み中の一部の時間もこれらの作業に充てることになる可能性が高い。必要に応じ、授業時間外にも担当教員との個別相談を行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
卒業研究の計画・実施(60%) 、全体演習での経過報告(30%) 、個別相談や全体演習での積極的な議論(10%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
研究内容に応じて個別に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP