シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/卒業論文指導演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) N242(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM526 



授業の
目標
Course
Objectives
「心理学演習F」の成果をふまえ,広義の社会心理(消費者行動,情報行動など),応用認知心理,高次認知過程に関連した研究テーマで卒業論文を作成する学生に,実証的研究の実施,データ分析,論文作成に関して指導を行う。 
Based on the progress in the course “Seminars on Psychology F,” this course provides guidance to students who have chosen the fields of extended social psychology (consumer behavior, information behavior), applied cognitive psychology, and high-level cognitive processing as research topics for their graduation paper. Specifically, students shall be guided on practical research, topic analysis, and academic writing. 
授業の
内容
Course
Contents
「心理学演習F」の成果をもとに,卒業論文テーマの精緻化を支援し,実験・調査の準備と実施について指導を行う。その過程で,個別に関連した参考文献を教示するとともに,履修者自身による文献検索と学習を支援する。
卒業論文の研究テーマは「心理学演習F」と同じく,消費者行動と購買意思決定,人間の情報行動とインターネット利用,高次認知過程(記憶,知識,言語理解,言語生成,問題解決,推論,意思決定)など,現代社会で最近,関心が高まっている社会心理学・認知心理学の研究領域を想定している。
履修者に対して,先行研究の理解と展望,独自視点の付与,研究計画の立案,調査・実験の準備と実施,統計ソフトによるデータ解析,結果の考察・討論,卒業論文としてのまとめ方などを指導する。
定期的に履修者全員によって,研究経過発表と討論を予定している。調査・実験を,春学期中に終了できるよう推奨する。授業時間以外にも,個別に研究指導を積極的に実施する。 
Based on progress in the course “Seminars on Psychology F,” students shall receive support with their graduation paper topics and guidance on preparing and conducting experiments and surveys. During this process, the professor instructs students individually with reference to literature for their topic, also assisting them in self-learning and their search for literature. Research topics of graduation papers cover research areas in social psychology and cognitive psychology that are garnering attention in modern society, such as consumer behavior, consumer decision making, human behavior data, the use of the Internet, and high-level cognitive processes (i.e. memory, perception, language comprehension and generation, problem solving, reasoning, decision-making).
Students receive guidance on understanding preceding studies and adding personal views and observations, drafting a research plan, preparing and conducting experiments and surveys, analyzing data with statistical software, studying and discussing results, and completing their graduation papers.
At the set times, all course participants present their research progress and discuss it. It is recommended that students complete their experiments and surveys before the end of the spring semester. Individual guidance on research is also actively given outside of the class schedule. 
授業計画
Course
Schedule
1. 卒業論文研究のガイダンス,研究の進め方(1) 
2. 卒業論文研究のガイダンス,研究の進め方(2) 
3. 履修者による報告と研究指導(1) 
4. 履修者による報告と研究指導(2) 
5. 履修者による報告と研究指導(3) 
6. 履修者による報告と研究指導(4) 
7. 履修者による報告と研究指導(5) 
8. 履修者による報告と研究指導(6) 
9. 履修者による報告と研究指導(7) 
10. 履修者による報告と研究指導(8) 
11. 履修者による報告と研究指導(9) 
12. 履修者による報告と研究指導(10) 
13. 履修者による報告と研究指導(11) 
14. 履修者による報告と研究指導(12) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時や個別面談で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究の計画(30%) 、研究の遂行(70%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
研究指導の中で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://www2.rikkyo.ac.jp/~tsuzuki/
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/tsuzukisemi/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP