シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/卒業論文指導演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 6時限(Period 6) N225(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM527 



授業の
目標
Course
Objectives
産業・組織心理学、観光心理学、社会心理学分野の卒業研究を指導する。春学期は、既存の論文、書籍、新聞、各種データなどの文献レビューと予備実験/予備調査を実施し,本実験/調査の準備を完了することを目標にする。 
Providing guidance for graduation research projects in the fields of industrial & organizational psychology, tourism psychology, and social psychology. The goal in the spring semester is to conduct a literature review, preliminary experiments, and research, and finalize preparations for main experiments and research. 
授業の
内容
Course
Contents
基本的に個別単位、グループ単位での指導で進めてゆく。各自、各グループの途中経過を適宜オンラインで共有し、情報共有を図り、論文作成に関する知識、技量の向上に努める。可能な人は、研究1を終了させて、その部分を記述し、論文にまとめていく。そのようにして、秋学期の研究2につなげてゆく。 
Guidance is basically provided individually or in groups. Each student and each group properly share their interim results online and make efforts to improve their knowledge and skills for academic paper writing. Those students who finish their first research can describe and summarize it in the form of an academic paper. This leads to second research in the second semester. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究テーマの相談1 
2. 研究テーマの相談2 
3. 文献レビュー1 
4. 文献レビュー2 
5. 文献レビュー3 
6. 文献レビュー4 
7. 研究計画の相談1 
8. 研究計画の相談2 
9. 研究計画の相談3 
10. 研究計画の相談4 
11. 予備実験/予備調査1 
12. 予備実験/予備調査2 
13. 予備実験/予備調査3 
14. 予備実験/予備調査4 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
①論文作成に向けた、心理学知見の収集
②分析に関する知識、技量の獲得と向上
③先行研究のさらなる読み込み 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究への取り組み(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
各自の研究内容に応じて適宜紹介してゆく。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
対面とオンラインの授業回を交えながら実施する予定(回数については履修者と相談) 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP