シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業論文指導演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) N242(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM546 



授業の
目標
Course
Objectives
「卒業論文指導演習1」の成果をふまえ,広義の社会心理,応用認知心理,高次認知過程に関連した研究テーマで卒業論文を作成する学生に,研究指導と論文作成指導を行う。卒業論文研究を遂行し,卒業論文を完成させることが最終目標である。 
Based on the progress in the course “Seminar on Thesis Writing 1,” guidance will be provided on practical research and academic paper writing to students who chose their research topic for their graduation paper from the fields of extended social psychology, applied cognitive psychology, and higher-level cognitive processing. The aim is to conduct research for and complete the graduation thesis. 
授業の
内容
Course
Contents
「卒業論文指導演習1」の成果をもとに,調査・実験データの分析と,論文執筆について指導を行う。卒業論文の研究テーマは,消費者行動と購買意思決定,人間の情報行動とインターネット利用,高次認知過程(記憶,知識,言語理解,言語生成,問題解決,推論,意思決定)など,現代社会で最近,関心が高まっている社会心理学・認知心理学の研究領域を想定している。
本演習では履修者に対して,統計ソフト(SPSS, Amos)によるデータ解析,結果の考察・討論,卒業論文としてのまとめ方などを重点的に指導する。特に,統計ソフトによるデータ解析の遂行(と統計学的理解)が重要になる。
メーリングリストを活用し,主に個別の研究指導を授業時間外にも積極的に実施する。 
Based on the results of the course “Seminar on Thesis Writing 1,” students will receive guidance on academic research, analysis of experiment data, and academic writing. Research topics for graduation theses cover the research areas of social and cognitive psychology that are garnering attention in modern society, such as consumer behavior and consumer decision making, human behavior data and the use of the Internet, and high-level cognitive processes (i.e. memory, perception, language understanding, language generation, problem solving, reasoning, decision making).
In this course, students will receive guidance on important aspects of analyzing data with statistical software (SPSS, Amos), examining and discussing research results, and summarizing them for their graduation theses. Analyzing and understanding data with statistical software is especially important. Individual research guidance is actively provided outside of the class schedule via the mailing lists. 
授業計画
Course
Schedule
1. 履修者による報告と研究指導,個別指導(1) 
2. 履修者による報告と研究指導,個別指導(2) 
3. 履修者による報告と研究指導,個別指導(3) 
4. 履修者による報告と研究指導,個別指導(4) 
5. 履修者による報告と研究指導,個別指導(5) 
6. 履修者による報告と研究指導,個別指導(6) 
7. 履修者による報告と研究指導,個別指導(7) 
8. 履修者による報告と研究指導,個別指導(8) 
9. 履修者による報告と研究指導,個別指導(9) 
10. 履修者による報告と研究指導,個別指導(10) 
11. 履修者による報告と研究指導,個別指導(11) 
12. 履修者による報告と研究指導,個別指導(12) 
13. 履修者による報告と研究指導,個別指導(13) 
14. 履修者による報告と研究指導,個別指導(14) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。個別指導を授業時間外でも積極的に実施する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究の計画(30%) 、研究の遂行(70%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小塩真司  研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析[第2版]   東京図書  2012  978-4489021312 
2. 小塩真司  はじめての共分散構造分析:Amosによるパス解析[第2版]   東京図書  2014  978-4489021848 
その他(Others)
上記のほか,研究指導の中で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://www2.rikkyo.ac.jp/~tsuzuki/
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/tsuzukisemi/  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP