シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業論文指導演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 6時限(Period 6) N225(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM547 



授業の
目標
Course
Objectives
産業・組織心理学、観光心理学、社会心理学分野の卒業研究を指導する。秋学期は実験・調査の実施、データ分析、論文のまとめを目標とする。 
Providing guidance for graduation research projects in industrial & organizational psychology, tourist psychology, and social psychology fields. The goals of the fall semester are conducting experiments and researches, analyzing data, and finalizing academic papers. 
授業の
内容
Course
Contents
個別指導を中心に授業を進める。実験・調査においては、大学院生と共同研究を実施することもある。途中経過の情報共有を図る。 
The class is conducted with a focus on individual guidance. During experiments and research, it is possible to have a joint research project with graduate students. The sharing of interim progress reports is planned. 
授業計画
Course
Schedule
1. 予備実験/予備調査の結果の分析 
2. 本実験/本調査の計画 
3. 本実験/本調査の準備 
4. 本実験/本調査の準備 
5. 本実験/本調査の実施1 
6. 本実験/本調査の実施2 
7. 結果の分析と考察1 
8. 結果の分析と考察2 
9. 論文の執筆1 
10. 論文の執筆2 
11. 論文の執筆3 
12. 論文の執筆4 
13. 論文発表/卒論発表の準備と練習1 
14. 論文発表/卒論発表の準備と練習2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
(1) 遅くとも、秋学期授業開始までに予備実験または予備調査を実施しておくこと。
(2) ある程度の結果が出た段階で、なるべく早く、まず卒業論文の抄録を書くこと。その抄録を担当教員が添削をする。これによって、各自、各グループの研究の骨子を自身で明確に理解することができる。この抄録から、各自の卒論の細かな記述に入っていく。抄録はなるべく早く、全員が必ず提出すること。
(3)卒論提出後は、卒論本文、抄録、卒論で用いたデータ、卒論で用いた文献等のPDFファイル等を速やかに教員に提出すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究への取り組み(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
研究内容に応じて適宜個別に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
対面とオンラインの授業回を交えながら実施する予定(回数については履修者と相談) 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP