シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HM727/心理学実験実習2(B)
(Practice in Psychological Experimental Methods 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)     新座(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2930 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM727 



授業の
目標
Course
Objectives
心理学実験の計画や実施について,実際にプログラミングを行うことで,より理解や知識を深める。 
Students will learn how to create computer programs for psychological experiments, thus improving their understanding and knowledge about designing and conducting experiments. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は「心理学実験実習1」の発展科目として位置づけられる。簡便かつ精度の高い心理学実験が実施可能なプログラミングソフトである「PsychoPy」を用いて,自身で実験の設計と実施を行う。文献の調査,実験の計画,実験プログラムの作成,データ取得,報告書の作成・提出を行う。なお,「心理学実験実習2A」と「心理学実験実習2B」の授業内容は同じである。授業は集中講義として開講されるが,各学期とも,心理学実験実習1が終了した後の最後4週に選択科目として開講される。心理学実験実習2の履修者は,心理学実験実習1を履修済みでなければならない。 
This class is positioned as a development discipline for Practice in Psychological Experimental Methods 1. By using PsychoPy, a programming software that enables simple and precise psychological experiments, students will set up and conduct the experiments themselves. Students will research literature, plan experiments, create experiment program, gather data, write and submit reports. Also, the contents of the classes Practice in Psychological Experimental Methods 2A and Practice in Psychological Experimental Methods 2B are the same. This class opens as an intensive course, and in each semester it is presented as an elective for the remaining 4 weeks after the end of Practice in Psychological Experimental Methods 1. Students can take part in Practice in Psychological Experimental Methods 2 only after taking Practice in Psychological Experimental Methods 1. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 文献調査(1) 
3. 文献調査(2) 
4. 文献調査(3) 
5. 実験デザイン(1) 
6. 実験デザイン(2) 
7. プログラミング(1) 
8. プログラミング(2) 
9. プログラミング(3) 
10. プログラミング(4) 
11. データ取得(1) 
12. データ取得(2) 
13. データ解析(1) 
14. データ解析(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各授業回の前に,学科で作成した資料の内容を読み,予習をしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び授業内での課題への取り組み(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
授業への出席,課題への取り組み,およびレポートにより評価する。レポートは最終授業日の翌週までに提出しなければならない。提出の遅延は厳しい減点対象となる。また授業を欠席した者には原則レポートの提出を認めない。
テキスト
Textbooks
学科で作成した資料を用いる。
参考文献
Readings
学科で作成した資料に記載。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP