シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/観光心理学
(Tourism Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
H.I.S.寄附講座 観光心理学 
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY2930 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HM744 



授業の
目標
Course
Objectives
心理学の新たな分野である、観光心理学について、研究者のみならず観光の実践家からもお話をいただき、その多面的な理解を深める。心理学が、固有の学問領域のみならず、学際的、実践的な側面を持つという、心理学の新たな分野について広く紹介し、学生諸君への心理学ならびに関連諸学への学修への動機づけを図る。同時に、現実社会に心理学を応用していく方法を考えていく。 
Students will deepen their understanding of tourism psychology, a new field in psychology, from various perspectives by listening to those who are in the tourism industry and researchers. Psychology has not just its discipline but has a practical, interdisciplinary side. This new field of psychology will be widely introduced to students to give them the reasons to study psychology and related disciplines. At the same time, they will learn to think about the application of psychology to modern society. 
授業の
内容
Course
Contents
日本各地さらには海外から専門の研究者と実務家をお招きし、心理学の新たな一分野である観光心理学について解題いただく。その後、いただいたお話について、どのように考えるかをグループ内で討議をして、代表者がその話を総括して全体に発表する。代表者は順番で行う。理論的な観光研究と現実の観光実践場面において心理学がどのように関わっているのか、関われるのかを考えていく。学生は各自の関心によってグループに分かれる。得られた知識や経験から自分が参加してみたいツアーを企画する。心理学を現実生活に応用する実践を考究する場となる。 
Researchers and practitioners from all parts of Japan and abroad will be invited to this class, where they give students a review of tourism psychology, a new field of psychology. After that, students discuss their opinions about the review in groups, and one of the students present the summaries of the discussions. Students will take turns in presenting. Students will consider how psychology relates to or should relate to theoretical research in tourism and the actual tourism scenes. Students will be divided into groups according to their interests. Based on the knowledge and experience gained, they will plan a tour they would like to participate in. This class is a course to consider the practical applications of psychology into actual life. 
授業計画
Course
Schedule
1. 観光心理学に期待するもの  H.I.S.取締役、導入授業 小口 
2. 観光の心理学的効果 
3. スタディツアー 
4. 観光とアニメ 
5. ツアーのプランニング 
6. ツアーの基礎知識1 
7. ツアーの基礎知識2 
8. グループワーク1 
9. グループワーク2 
10. 旅行プランニングの発表 
11. オンラインツーリズム 
12. 観光者の類型 
13. 優秀レポートの学生発表 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者は、観光心理学に関するトッピクスを聞き、その中から各自が興味を持ったものを自分で調べて、展開させる。各自がそれぞれの興味関心に基づき、学修を深める。そうした結果としてのレポートを、授業内で提出することが求められる。特に優れたレポートを執筆した学生は、最後の回において、自身のレポート内容をパワーポイントを用いて発表する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業参加度(討論への関与度)(60%)
テキスト
Textbooks
授業内において適宜、書籍、論文を紹介する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 小口孝司  観光の社会心理学   北大路書房  2006  4762824968 
2. 佐々木土師二  観光旅行の心理学   北大路書房  2007  4762825425 
3. 橋本俊哉  観光行動論   原書房   2013  4562091916 
4. Philip L. Pearce   The Study of Tourism: Foundations from Psychology   Emerald Group Pub Ltd  2011  1849507422 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP