シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/映像表現史
(History of Filimic Style) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 篠崎 誠(SHINOZAKI MAKOTO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期2 (Fall Semester 2) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N636(Room)
秋学期2 (Fall Semester 2) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) N636(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN135 



授業の
目標
Course
Objectives
複数の映画を見ることで、映画ならではの時間や空間、表現方法を学ぶ。 
By watching multiple films, you can learn the time, space, and expression of the movie. 
授業の
内容
Course
Contents
今期は、70年代の映画を中心に取り上げる予定。作品によっては、殺人などの暴力描写や性的描写もあるので、そうした描写が苦手な学生は受講を避けてください。また授業内で見せる映画の他に、最低でも1~2本映画館で上映している映画をあらかじめ授業外で見てもらい、それについてレポートを書いてもらったり、話し合いをします。単に映画を見て単位がとれると思ったら、大間違いです。専門的な知識は全く必要ではありませんが、積極的な発言が求められます。ほぼ毎回リアクション・ペイパーや小レポートを課します。学生による発表も行います。四半期で7回のみなので、1日でも欠席すると単位の修得は難しい。交通機関の大幅な遅れ(証明書を提出)、インフルエンザなどの法定伝染病(診断書を提出)、忌引きの場合のみ欠席を認めます。部活・サークル活動などの欠席は認めません。 
This semester, we focus on films of seventies. Some of his film contains violent scenes and sexual scenes.
If you are not comfortable violence and sexual scenes, do not participate in class.
In addition to class hours, you have to watch several films at the movie theater, and write critics and discuss about them.
It is difficult to get grade if you are absent from class even once.
 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 作品鑑賞と講評① 
3. 作品講評と講評① 
4. 作品鑑賞と講評② 
5. 作品講評と講評③ 
6. 作品鑑賞と講評④ 
7. 学生発表① 
8. 作品鑑賞と講評⑤ 
9. 作品講評と講評⑤ 
10. 作品鑑賞と講評⑥ 
11. 作品講評と講評⑥ 
12. 作品鑑賞と講評⑦ 
13. 学生発表② 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
作品毎に小レポートを提出(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP