シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/基礎演習1
(Basic Research Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
「『私について語る』とは何か」について考える 
担当者 (Instructor) 香山 リカ(KAYAMA RIKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) N231(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN161 



授業の
目標
Course
Objectives
「『私について語る』とは何か」について、さまざまな事象、作品、方法論などを見ながら考え、実践しながら、自分なりの「有効なわたし語り」を見つけ、身に着けることを目指す。 
The goal is to think what is it to "speak about oneself" by looking and phenomena, works and methodology, then putting it into practice, finding one's personal "valid story of oneself" and acquire these skills. 
授業の
内容
Course
Contents
「私について語る」といえばかつては私小説やセルフドキュメンタリーが代表であり、一部の限られた人だけのものであったが、いまはSNSの普及もあり、誰もが気軽に日常的に自分について語り、発信するようになっている。授業の前半ではさまざまな「私について語る」について概観し、その魅力やデメリットについて自分なりの意見を持てるようにする。また、後半は自分のテーマを見つけ、それに関して視聴覚資料を使ったプレゼンテーションを行う。 
Speaking about themselves was previously only relevant to a portion of people who created autobiographical stories and self-documentaries, but now, with the spread of social networks, anyone can easily speak about themselves and present it on a daily basis. The first half of the class gives the outline of various ways to speak about oneself, and develops in students their own view of its appeal and demerits. Also, in the second half the students find the topic for themselves and make a presentation of it using audio-visual material. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 授業の進め方 
2. さまざまな「わたし語り」(1)私小説 
3. さまざまな「わたし語り」(2)セルフドキュメンタリー 
4. さまざまな「わたし語り」(3)当事者研究 
5. さまざまな「わたし語り」(4)ブログの登場 
6. さまざまな「わたし語り」(5)SNSの反乱 
7. 「わたし語り」の危険性と精神医学 
8. テーマの見つけ方と前半のまとめ 
9. ビジュアルプレゼンテーション① 
10. ビジュアルプレゼンテーション② 
11. ビジュアルプレゼンテーション③ 
12. ビジュアルプレゼンテーション④ 
13. ビジュアルプレゼンテーション⑤ 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
SNSなどで「わたし語り」を行う人たちを観察し、自分なりの感想をまとめる。「わたし語り」と思われる作品を複数、見つけて、自分で紹介できるようにする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーション(40%) 、出席及び授業内での発言、取り組み姿勢(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP