シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/基礎演習3
(Basic Research Seminar 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アフリカン・ディアスポラの美学と政治学 
担当者 (Instructor) 田崎 英明(TAZAKI HIDEAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) N232(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN163 



授業の
目標
Course
Objectives
近代世界の構成要因のひとつであるアフリカン・ディアスポラが生み出した文化を理解することで近代性をより深く理解し批評できるようになる。 
The goal is to understand the importance of African diaspora as the constituent factor of modernity, and to become able to criticize modern society. 
授業の
内容
Course
Contents
アフリカン・ディアスポラの文化にとって重要な音楽、特にヒップホップについての古典的研究書を取り上げる。教員の講義と学生によるグループ発表によって進めていく。映像教材も用いる。 
The goal is to elucidate the importance of music in the African diasporatic culture through the reading of studies on hip-hop music. Professor gives lectures, and students do presentations in groups. Course uses movies as materials.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 『ユリイカ』ケンドリック・ラマー特集 
3. リチャード・シュスターマン「ヒップホップの美学」を読む1 
4. リチャード・シュスターマン「ヒップホップの美学」を読む2 
5. リチャード・シュスターマン「ヒップホップの美学」を読む3 
6. トリシャ・ローズ『ブラック・ノイズ』を読む1 
7. トリシャ・ローズ『ブラック・ノイズ』を読む2 
8. トリシャ・ローズ『ブラック・ノイズ』を読む3 
9. ポール・ギルロイ『ユニオンジャックに黒はない』を読む1 
10. ポール・ギルロイ『ユニオンジャックに黒はない』を読む2 
11. ポール・ギルロイ『ユニオンジャックに黒はない』を読む3 
12. ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』を読む1 
13. ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』を読む2 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
SFと音楽に馴染んでおくこと。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への取り組み(100%)
テキスト
Textbooks
プリントおよび立教時間(もしくはGoogle Classroom)を通じて配布する。
参考文献
Readings
授業中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP