シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/基礎演習10
(Basic Research Seminar 10) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 篠崎 誠(SHINOZAKI MAKOTO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期1 (Spring Semester 1) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N636(Room)
春学期1 (Spring Semester 1) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) N636(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN170 



授業の
目標
Course
Objectives
具体的に映像作品を製作し、映像作品を見ることで、 映画ならではの独自の空間と時間、演出、演技などに対する思考を深める。 
Students will create film projects and trough watching them, they will deepen consideration of space, time, direction, and acting characteristic to films. 
授業の
内容
Course
Contents
7~8名ほどのグループに分かれ、 課題に応じて、数十秒~数分の映像作品を作ってもらう。 成績はワークショップの名の通りに何よりも出席と参加態度を重視する。 2枠連続となるため、1日でも休むと単位の修得は難しい。交通機関の大幅な遅延 (証明書付き) 、 忌引き (あるいは家族の事故や病気) 、 医師の診断書付きの病気以外の理由での遅刻・欠席・早退は認めない。サークルや部活などを理由にする欠席・早退も一切認めないので、 それらを最優先したい学生は遠慮願いたい。遅刻も厳禁。 講義と違い、 一人でも遅刻者がでることで、所属している班のすべての作業がストップすることもありうる。 授業に毎回出席するだけでは不十分。 準備、 撮影、編集など、 授業時間外の作業の方が圧倒的に多いので、 その覚悟のある学生だけ受講してほしい。何よりも積極性のある学生を希望する。 ちなみにこれまでの課題は 「階段」 など特定の場所を使ったもの。 「移動撮影」 など技術的な課題。 サイレント映画を撮る、 など多岐に渡る。今期は「夢」や「喪失」をモチーフにした映像作品を制作する予定。1回目の授業までにそれぞれアイデアを考えておくこと。また授業時間外で見るべき課題作を最低でも2~3作見てもらい、それについての小レポートも平常点の評価に加味する。 
Students make groups of 7-8 people and make a film project of several tens of seconds/minutes according to the assignment. The grades heavily depend on attendance and participation as this is a workshop-style course. The class takes up 2 time blocks, so skipping even one day will make getting the credit difficult. It is unacceptable to skip class, be late or leave early for any reasons other than being late due to traffic accidents (submitting confirmation for that), absence due to mourning (or due to an accident or disease of the family member) or due to sickness confirmed by doctor's note. Absence or leaving early due to circle or club activities is unacceptable, so students who prioritize those should withdraw from this workshop. Being late is prohibited. Unlike lectures, if just one member is late, the activities of the whole group may come to a halt. It is not enough to just attend all lessons. A lot of time is needed for out-of-class activities, like preparation, filming and editing, so students should be prepared for this. They should be enthusiastic. One of the assignments was on specific places, like staircases. Assignments on techniques like moving shots. It covers a lot of topics including shooting silent movies. This semester the plan is to use "dreams" and "failure" as motifs for film projects. Before the first lesson, students should come up with some ideas. Also, they should watch at least 2-3 movies on the topic outside class schedule and write short reports on them, which would be graded and added to in-class points. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション、 グループ分け  課題①の撮影  
2. 撮影課題①の撮影、見るべき映画①の提示 
3. 課題作①の講評  課題作②の提示、話し合い。 
4. 課題作②の撮影 
5. 課題作②の撮影 
6. 課題作②の撮影 
7. 課題作②の講評、課題作③の提示、話し合い 
8. 課題作③の話し合い 見るべき映画②の提示 
9. 課題作③の撮影 
10. 課題作③の撮影 
11. 課題作③の撮影・編集 
12. 課題作③の撮影・編集 
13. 課題作③の講評および 見るべき映画②の講評 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
映像作品を製作するにあたって、 実際の撮影は当然のこと、 企画の立案、 シナリオ作成、 ロケーションハンティング、 撮影準備、編集など、 すべての作業が授業内では収まらない。 したがって授業時間外にかなりの時間を割いてもらうことになる。 また同時に、授業期間内で、 劇場公開されている映画をあらかじめ見てきてもらい、 それについて質疑応答やレポートなども書いてもらう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び授業への取り組み(70%) 、課題レポート(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP