シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/基礎演習12
(Basic Research Seminar 12) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
芸能研究への導き 
担当者 (Instructor) 横山 太郎(YOKOYAMA TARO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) N232(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN172 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の伝統芸能に関する初歩的な研究課題の実践を通じて、研究スキル(文献探索、テキスト読解、フィールドワーク、資料分析、発表、討議、論文作成等)の基礎を身につけることを目標とします。 
The goal is to obtain fundamental research skills (searching for literature, reading texts, fieldwork, analyzing materials, presentation, discussion, writing academic works etc.) through completing elementary research assignments on traditional Japanese performing arts. 
授業の
内容
Course
Contents
(1)日本の演劇、舞踊、その他の芸能を扱う諸学問(国文学、演劇学、舞踊学、芸能史、思想史、美学、パフォーマンス・スタディーズ、民俗学、人類学、文化経済学、文理融合研究など)の研究史と研究手法を概観します。この際には伝統芸能だけではなく、現代の舞台芸術も視野に入れます。自分が将来の卒業論文でどのようなスタイルの研究をするのかを考える契機としてください。
(2)【作品解釈実践】能の作品を一つ取り上げます。作品分析の視点を教えるので、それをふまえて自分で言語表現や身体表現を分析します。分析から作品の新たな解釈が生まれる面白さを体験しましょう。
(3)【文献調査・フィールドワーク実践】各自が住んでいる地域のお祭を対象に、新聞記事や雑誌記事の探索と、聞き取り調査の両方を通じて、パフォーマンスの変化を検証します。調査による発見の喜びを体験しましょう。
(4)上記2種類の研究のそれぞれについて、短い口頭発表と、レポート作成をおこないます。発表の仕方、レポートの書き方は、事前に指導します。 
1. Get a general outline of research history and research methods of various disciplines that handle Japanese performing arts, such as Japanese literature, performing arts history, art theory, ethnology and ethnography, etc. This class handles modern theater and contemporary dance, together with traditional theater. It is aimed to give students an opportunity to think in which style they want to research for their future graduation paper.
2. [Practice] Interpretation of a theatre piece. It features one of the works of Noh theatre. Students will analyze the verbal and body expressions based on the analytical point of view given in the class. This will provide students with opportunity to experience the emergence of new interpretation of an art work.
3. [Practice] Literature studies and fieldwork. Each student will search newspapers and magazines for articles about local festivals, conduct hearing survey in order to inspect the transition of performance. This will provide students with opportunity to experience the joy of discovery through collecting and surveying research materials.
4. Students will make oral presentations about the two research activities mentioned above. They will receive guidance about presentation methods and writing reports beforehand. 
授業計画
Course
Schedule
1. 芸能研究概説(1) 
2. 芸能研究概説(2)  
3. 能楽入門 
4. 能「井筒」の鑑賞 
5. 言語表現の分析 
6. 身体表現の分析 
7. 発表の仕方、レポートの書き方/文献調査、フィールドワークの第一歩 
8. 作品解釈実践 学生による発表 (1) 
9. 作品解釈実践 学生による発表 (2) 
10. 歴史文献から身体を復元すること 
11. 芸能のフィールドワーク 
12. 文献調査・フィールドワーク実践 学生による発表(1) 
13. 文献調査・フィールドワーク実践 学生による発表(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献調査と聞き取り調査に行ってもらいます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
口頭発表(20%) 、最終レポート(Final Report)(40%) 、中間レポート(40%)
テキスト
Textbooks
プリント配布
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. エリカ・フィッシャー=リヒテ  演劇学へのいざない──研究の基礎   国書刊行会  2013  978-4-336-05639-9 
2. 佐藤郁也  現代演劇のフィールドワーク──芸術生産の文化社会学   東京大学出版会  1999  978-4130501439 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
対面実施を原則とするが、状況に応じてオンライン回を取り混ぜる可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP