シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/身体学文献講読1
(Reading in Body and Theories 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
世阿弥を読む 
担当者 (Instructor) 横山 太郎(YOKOYAMA TARO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) N213(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN327 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の古典的な芸道論のテキストを読めるようになる 
To become able to read Japanese classical literature on the theory of performing arts. 
授業の
内容
Course
Contents
すぐれたわざは、ある身体から別の身体にいかにして伝えることができるのか。たとえばパフォーマーの身体から観客や弟子の身体にいかにして伝えることができるのか。世阿弥はこうした普遍的な課題に実践的に答えようとして、深く鮮やかな思想を展開しています。その思想は、のちに近現代の哲学や演劇論が身体を考察するようになったときに、大きな刺激を与えました。
授業では、世阿弥の『拾玉得花』を精読し、かれが何を言おうとしたのかを深いレベルで理解することを目指します。毎回の授業で、参加者にごく短い担当箇所を割り振ります。参加者は、原資料、辞書、注釈書、先行研究を参照しながら自分なりの現代語訳をおこない、解釈を披露するという作業をおこないます。古文が得意でない学生でも能を見たことがない学生でも大丈夫なように、丁寧に指導します。 
In this class we will do a close reading of Zeami's Shugkyoku Tokka, in order to understand at a deep level what he is trying to say. In each class, students will be assigned a short passage. Students will translate the assigned text into modern Japanese with reference to original sources, dictionaries, annotations and previous studies, and will present their interpretations. Students who are not at ease with Japanese ancient texts or who have never before seen a noh play will be given specific instruction. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 『拾玉得花』を読む(1) 
3. 『拾玉得花』を読む(2) 
4. 『拾玉得花』を読む(3) 
5. 『拾玉得花』を読む(4) 
6. 『拾玉得花』を読む(5) 
7. 『拾玉得花』を読む(6) 
8. 『拾玉得花』を読む(7) 
9. 『拾玉得花』を読む(8) 
10. 『拾玉得花』を読む(9) 
11. 『拾玉得花』を読む(10) 
12. 『拾玉得花』を読む(11) 
13. 『拾玉得花』を読む(12) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
配布テキストを読み、担当箇所のレジュメを作成してもらいます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表課題(100%)
テキスト
Textbooks
コピーを配布します。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
法政大学能楽研究所 能楽資料デジタルアーカイブ
https://nohken.ws.hosei.ac.jp/nohken_material/htmls/index/pages/cate3.html
授業は対面実施を原則とするが、状況に応じてオンライン回を取り混ぜる可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP