シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習C2
(Advanced Research Seminar C2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
テクノロジーと身体 
担当者 (Instructor) 田崎 英明(TAZAKI HIDEAKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) N841(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC3320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN336 



授業の
目標
Course
Objectives
「テクノロジーと身体」という共通のテーマのもとに、参加者各自の関心(音楽、SF、哲学etc.)を深めるためのテキストや映像を共有する。「テクノロジーと身体」という問いの多面性を理解し、これまで以上に深い問いを立てられるようになることを目指す。 
Course participants share texts and videos in the common topic of "technology and body" (music, sci-fi, philosophy etc.) to deepen their personal interests. They learn to understand the various aspects of the topic of "technology and body", aim to start asking questions on a deeper level than before. 
授業の
内容
Course
Contents
3年次生は卒論執筆の前段階として,自分が卒論で取り扱うテーマに関する先行業績に対する書評論文を書く。そのための発表を中心とする。4年次生は,卒論に向けて中間発表を行う。 
Third year students write a book review about preceding researches on the topic of their graduation paper as a step before writing the paper. Presentation is important for this. Fourth year students make an interim presentation for their graduation papers. 
授業計画
Course
Schedule
1. 学生による発表とディスカッション 
2. 学生による発表とディスカッション 
3. 学生による発表とディスカッション 
4. 学生による発表とディスカッション 
5. 学生による発表とディスカッション 
6. 学生による発表とディスカッション 
7. 学生による発表とディスカッション 
8. 学生による発表とディスカッション 
9. 学生による発表とディスカッション 
10. 学生による発表とディスカッション 
11. 学生による発表とディスカッション 
12. 学生による発表とディスカッション 
13. 学生による発表とディスカッション 
14. 学生による発表とディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
論文の書き方を身につけるために先行業績をしっかり読み込み,また,自分でも少しずつでも良いから書き続けること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席と授業への取り組み(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP