シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習E2
(Advanced Research Seminar E2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
石に描かれた絵をよむ 
担当者 (Instructor) 加藤 千恵(KATO CHIE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) N247(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC3320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN340 



授業の
目標
Course
Objectives
 文献ばかりでなく、図像を通して中国の死生観および世界観に迫ることで、 直感的・経験的といわれるアジアの思想をより直接的に理解することを目標とする。扱うのは、紀元1~2世紀の「画像石」と呼ばれる画像のある石の拓本である。 
Through literature and iconography, students approach the Chinese views on the world, life and death, aiming to understand firsthand the Asian ideology, often perceived as intuitive and empirical. This class handles the ink copy of the "Hua Xiang Shi" stone reliefs that date back to the I-II centuries AD. 
授業の
内容
Course
Contents
  画像石の大部分は、墓室の内壁、古墳付近の祠、墓地の入口の門柱、石棺などに彫られている。画像のテーマは、授業計画に示すように、家屋、宴会、余興の芸能、馬車のパレード、狩猟、農耕、天界、神話的光景、教訓的な物語の一場面などがある。何が描かれているのか、何のためにそのような図を描く必要があったのか、どのような情報を誰に伝えようとしたのかを、先学の研究を参考にしながら、さらに新しい資料を加えて考える。授業は教員の講義と全員の意見交換によって進めてゆく。 
The majority of Hua Xiang Shi images is engraved on the inner walls of burial chambers, small shrines near ancient tombs, gateposts of cemeteries, and stone coffins. The topics of images are, as stated in the curriculum, the scenes of houses, feasts, theatrical entertainment, carriage parades, hunting, farming, heavens, mythological scenes, moral tales. Students think what is depicted there, why there was a need to draw that, what information it conveys and to whom, by referring to preceding studies and including more recent materials. The class consists of lectures by professors and exchange of opinions between all participants. 
授業計画
Course
Schedule
1. 画像石とは              
2. 雷神と風神の源流 
3. 石棺に穿たれた扉(1) 
4. 石棺に穿たれた扉(2) 
5. 不死の観念 
6. 仙界と神々 
7. 住宅と厨房(1)  
8. 住宅と厨房(2)  
9. 芸能と娯楽(1) 
10. 芸能と娯楽(2) 
11. 動物のシンボリズム(1) 
12. 動物のシンボリズム(2) 
13. 羽人 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習のために紹介した図像本は図書館で探して確認しておく。
復習のために紹介した本は、必ず複数冊読んで、レポートに反映させる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
レポート(30%) 、授業内の報告等(70%)
テキスト
Textbooks
授業開始時に配布する
参考文献
Readings
毎週授業時に紹介する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
対面実施を原則とするが、状況に応じてオンライン回を取り混ぜる可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP