シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他登録/専門演習J1
(Advanced Research Seminar J1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
映像作品を作る 
担当者 (Instructor) 篠崎 誠(SHINOZAKI MAKOTO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) N636(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC3320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN349 



授業の
目標
Course
Objectives
具体的に映像作品の製作に関わることで,映画を見ることで映画ならではの独自の空間と時間,演技などに対する思考を深める。 
Students improve their views on the individual atmosphere, time and acting in movies by watching movies and engaging in production of a video work. 
授業の
内容
Course
Contents
学生諸君が書いたシナリオをもとに,自分たちで演じ,演出・撮影をしてみる。さらに撮ったものを自分たちで編集し,出来上がったものを大きなスクリーンで見て,相互に批評し合う。その上で場合によっては,もう一度,別な演技や様々な演出を試すためにリテイクや追加撮影を行ってみる。完成したひとつの作品を作りあげること以上に,なによりもこうした試行錯誤を繰り返すプロセスこそ大切にしたい。また卒業制作に向けて劇場公開中の映画を映画館で見てもらった上で,映画批評を書いてもらい,関係者をゲストで招き,学生たちと質疑応答してもらう場合もある。 
Students engage in acting, production and shooting based on their own scripts. Furthermore, they edit the result themselves, watch the final version on a big screen and exchange critique on each other's work. Depending on the circumstances, they may do retaking and additional shooting to try different acting and production. It is desirable that after they finish one work, they learn to treasure this process of repeated trial and error. As a preparation for their graduation work, students watch some movie that is in the cinemas at the moment and write a critical review. In some cases, people from the industry are invited as guests to answer questions from the students. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 演出、撮影と相互批評① 
3. 演出、撮影と相互批評② 
4. 演出、撮影と相互批評③ 
5. 演出、撮影と相互批評④ 
6. 演出、撮影と相互批評⑤ 
7. 演出、撮影と相互批評⑥ 
8. 演出、撮影と相互批評⑦ 
9. 演出、撮影と相互批評⑧ 
10. 演出、撮影と相互批評⑨ 
11. 演出、撮影と相互批評⑩ 
12. 演出、撮影と相互批評⑪ 
13. 演出、撮影と相互批評⑫ 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
(予習・復習) 企画立案、ロケハン、撮影諸準備、撮影、編集。
(その他)卒制に向けて企画立案。プロット作り。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び授業への取り組み(60%) 、映像作品、レポート(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ロベール・ブレッソン  シネマトグラフ覚書 映画監督のノート   筑摩書房  初版1987   
2. 塩田明彦  映画術 その演出はなぜ心をつかむのか   イースト・プレス  2014   
3. 蓮實重彦  ハリウッド映画史講義 翳りの歴史のために   ちくま学芸文庫  2017   
4. 小川紳介  映画を穫る ドキュメンタリーの至福を求めて   太田出版  2012   
5. 三宅隆太  スクリプトドクターの脚本教室・初級編   新書館  2015   
6. 三宅隆太  スクリプトドクターの脚本教室・中級編   新書館  2016   
7. アルフレッド・ヒッチコック、フランソワ・トリュフォー  定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー 映画術        
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP