シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習L2
(Advanced Research Seminar L2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
芸能研究ゼミナール 
担当者 (Instructor) 横山 太郎(YOKOYAMA TARO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) N225(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC3320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN354 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の芸能における表現と伝承の理解を深め、現代におけるその思想的含意を考察し、独自の論考を口頭発表と論文のかたちにまとめあげることができるようになる。 
Students promote their understanding of expression and transmition in Japanese geino(performance), study its modern philosophical connotations, and learn to summarize their ideas in an essay or oral presentation. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は、日本における広義の芸能を対象とします。「芸能」はここでは、身体的な実践をともなって人前でパフォーマンスされるもので、かつそのわざが世代を超えて伝承されるものを指します。たとえば能楽や歌舞伎のような伝統芸能はもちろん、近現代の演劇、ダンス、さらにはスポーツ、演芸、茶道や華道のような実践的な文化も含みます。
授業は、二つの取り組みを軸にします。(1)クラス全員で共通して取り組む課題。文献を読む、舞台を鑑賞する、芸能の現場を取材するといった取り組みの成果を発表してもらいます。(2)受講者自身の関心に応じて設定した「芸能」の事例について、独自に調査、考察した成果を発表してもらい、クラスで討議します。
L2では、フィールドワーク研究に重点を置きます。 
This class handles Japanese geino(performance) in broad sense. "Geino" here stands for performance in front of people along with physical practice, and performance that passed down through generations. For example, it includes not only traditional performances like Noh and kabuki, but also modern theater, dancing, sports, variety shows, and even practical cultural arts like tea ceremony and flower arrangement.
The class features 2 main activities. 1) Common task involving the whole class. Students report the results of activities like reading literature, watching theater plays, interview people engaging in geino. 2) Students present the results of their study and observations of an example of geino, prepared based on their own preferences, and discuss them with the class.
L2 sets the main points for fieldwork study. 
授業計画
Course
Schedule
1. 各自のテーマ紹介 
2. 学生による発表と討議 
3. 学生による発表と討議 
4. 学生による発表と討議 
5. 学生による発表と討議 
6. 学生による発表と討議 
7. 学生による発表と討議 
8. 学生による発表と討議 
9. 学生による発表と討議 
10. 学生による発表と討議 
11. 学生による発表と討議 
12. 学生による発表と討議 
13. 学生による発表と討議 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献調査、フィールドワーク、観劇、見学。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内課題(70%) 、発表(30%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 福島真人編  身体の構築学 社会的学習過程としての身体技法   ひつじ書房  1995  978-4938669461 
2. 福島真人  学習の生態学   東京大学出版会  2010  978-4130111270 
3. 生田久美子・北村勝朗編  わざ言語 感覚の共有を通しての「学び」へ   慶應義塾大学出版会  2011  978-4766418040 
4. 倉島哲  身体技法と社会学的認識   世界思想社  2007  978-4790712329 
5. 菅原和孝  ことばと身体 「言語の手前」の人類学   講談社  2010  978-4062584814 
6. 細馬宏通  介護するからだ   医学書院  2016  978-4260028028 
7. 国立劇場編  日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇   淡交社  2009  978-4473035301 
その他(Others)
適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業は対面実施を原則とするが、状況に応じてオンライン回を取り混ぜる可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP