シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/映像学文献講読2
(Reading in Image and Theories 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
写真を見ることの深さへ 
担当者 (Instructor) 日高 優(HIDAKA YU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) N844(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN361 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業は、写真の本質について書かれた文献を扱い、写真の分野において映像と身体の学びへの理解を深めること、並びに、写真映像に関する英語文献の読解力を涵養しながら、写真映像を批評する目を獲得することを目標とする。 
By dealing with the literature on the nature of photography, the goals of this course are to
(1) deepen the understanding of the studies of the image and embodiment in the field of photography, and
(2) obtain a critical eye on photographic images while cultivating reading comprehension on it in English.
 
授業の
内容
Course
Contents
ロラン・バルトの『明るい部屋』は、写真論の古典のひとつである。写真に関する基礎知識を教員の説明で補ってのち、この書物を英語版を中心に、オリジナルのフランス語版と邦訳を参照しつつ精読していく。本書の理解が深まるように、適宜、関連する写真家や写真集なども紹介する。 一枚の写真を見ることの深さ、豊かさを学ぶことを通して、日常に潜在する〈見る〉という知覚の営為の創造性について、詳細に見定めていく。  
Camera Lucida by Roland Barthes is one of the classics of the theory of photography. After being supplemented of the basic knowledge of photography by the professor in charge, students will carefully read this book (English edition) along with the original French edition and Japanese translation. In order to deepen the understanding of this book, related photographers and photo books will be also introduced. Through gaining the rich and deep experience of looking at a photograph, they will have a detailed insight into the creativity that is latent in their own ordinary days in the perception of looking.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション――ロラン・バルト『明るい部屋』について 
2. 文献講読 
3. 文献講読 
4. 文献講読 
5. 文献講読 
6. 文献講読 
7. 中間まとめと質疑応答 
8. 文献講読 
9. 文献講読 
10. 文献講読 
11. 文献講読 
12. 文献講読 
13. 文献講読 
14. まとめ――写真を読むということ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への取り組み(出席と訳担当)(60%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布する。
参考文献
Readings
授業時に適宜、紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
英語のテクストを中心に読みます。フランス語は読めなくても構いません。原則として全授業回対面実施予定(ただし、状況によっては変更の可能性あり)。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP