シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HN452/写真映像論
(Studies on Photography) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
〈日本写真〉の基礎を築いた四人の写真家たち 
担当者 (Instructor) 日高 優(HIDAKA YU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) N331(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN452 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業では、日本写真の基礎を築いた四人の写真家の仕事について基礎的知識を修得すること、並びに、機械の知覚としての写真の本質に向かった彼らの探究とその意義について理解することを目標とする。 
The goals of this course are to (1) obtain basic knowledge about the achievements of the four founders of Japanese photography; and (2) understand their pursuit of the nature of photography as mechanical perception and the meaning of pursuit. 
授業の
内容
Course
Contents
写真は、機械文明を推し進めるヨーロッパの近代において発明された機械の知覚像である。では、西洋で出現した写真は、いかに日本にもたらされ、日本にインパクトを与えたのか。さらに、日本の写真の基礎を築いた日本の写真家の先駆者たちは、いかに外来の写真を摂取し、新たな自身の表現として、機械映像という潜在するその性質を用いたのか。こうした問いかけをしながら、この授業は、人間の知覚と機械の知覚の協働の観点から日本写真の歴史を紹介し、映像と身体の学の範例として、基礎を築いた写真家たちの作品のありようを探る。 
Photography is the image of mechanical perception which had been invented in the modern period of Europe forwarding machine civilization. How has photography, which had appeared in the West, been brought into Japan, and impacted upon it? Then, how the Japanese pioneer photographers, who laid the foundations of photography in Japan, absorbed foreign-made photography and made use of its latent nature of mechanical image as new and their own expressions? By asking these issues, this course introduces the history of Japanese photography from the viewpoint of cooperation between human and mechanical perceptions and explore the conditions of the founders’ photographic works as the examples of the studies of image and embodiment. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 写真術の到来 
3. 木村伊兵衛の知覚1 
4. 木村伊兵衛の知覚2 
5. 木村伊兵衛の知覚3 
6. 土門拳の知覚1 
7. 土門拳の知覚2 
8. 土門拳の知覚3 
9. 日本写真の歩み 
10. 濱谷浩の知覚1 
11. 濱谷浩の知覚2 
12. 入江泰吉の知覚1 
13. 入江泰吉の知覚2 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時にも作品は紹介するが、予習・復習として、該当写真家の作品、並びに〈日本写真〉の初期の写真家たちの作品を観ることがのぞましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業に取り組む姿勢及び出席(60%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布する。
参考文献
Readings
日本写真協会編『日本写真史―1840-1945』 (1971年)(品切れのため、古書で入手するか、図書館等で当たってください)。そのほかは授業時に適宜、紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
原則として全授業回対面実施予定(ただし、状況によっては変更の可能性あり)。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP