シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HN460/芸能の理論と歴史
(Theory and History of Performing Arts) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本芸能における身体観の変容
Changing View of the Body in Japanese Performing Arts 
担当者 (Instructor) 横山 太郎(YOKOYAMA TARO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC2320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HN460 



授業の
目標
Course
Objectives
日本芸能史の基礎知識と身体文化研究の基礎概念を修得する。 
To acquire basic knowledge of the history of Japanese performing arts and the basic concepts relating to cultural studies of the body. 
授業の
内容
Course
Contents
ひとが芸能を披露するとき、たとえば踊るとき、その身体はなぜそのように動くのでしょうか。身体は生理的なレベルでは人類共通ですが、かつてマルセル・モースがその身体技法論において指摘したように、身体の用い方は、時代や文化によって大きく異なります。たとえばバレエと能では立ち方や歩き方が全く違いますし、昔のバレエと今のバレエもずいぶん違います。そうした身体表現のヴァラエティには、その身体が属している時代や文化に特有の身体観──「身体とはこのようなものであり、このようにして動くのである」という、身体についての理論的な理解──が影響していると考えられます(「身体」「文化」という概念そのものが問題含みですが、そのことも授業で扱います)。
さて、この授業では、日本の伝統芸能や武芸における技芸伝書の読解を通じて、こうした身体観が歴史のなかでどう変わってきたのか、そしてそれは身体自体をどう変えてきたのか、ということを皆さんと一緒に考察したいと思います。 
When people perform, why does their body move the way it does? Although the body is physiologically common to all human beings, the way it is used varies greatly from era to era and culture to culture. For example, how a performer stands or walks is completely different between ballet and noh, and the ballet of the past is very different from the ballet of today. Such variety is thought to be influenced by the prevailing view of the body; the perception that the body "is like this and moves in this way".
In this class we will use the subject of traditional Japanese performing arts to learn how the view of the body has changed throughout history.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 舞楽 
3. 蹴鞠 
4. 世阿弥以前 
5. 世阿弥以後 
6. 戦国時代から近世初期 能と武芸(1) 
7. 戦国時代から近世初期 能と武芸(2) 
8. 江戸時代 能と歌舞伎(1) 
9. 江戸時代 能と歌舞伎(2) 
10. 近代(1) 
11. 近代(2) 
12. 戦後(1) 
13. 戦後(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
配布されたテキストを読んできてもらいます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー&グループワーク(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
グループワークにおいてリアクションペーパーをシェアしながら話し合う
テキスト
Textbooks
授業中にコピーを配布します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 三浦雅士  身体の零度   講談社  1994  978-4062580311 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP