シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/現代心理学入門
(Introduction to Contemporary Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI)
小口 孝司(OGUCHI TAKASHI)
塚本 伸一(TSUKAMOTO SHINICHI)
石黒 格(ISHIGURO ITARU)
浅野 倫子(ASANO MICHIKO)
飯田 敏晴(IIDA TOSHIHARU)
香山 リカ(KAYAMA RIKA)
松田 正隆(MATSUDA MASATAKA)
大山 載吉(OHYAMA NORIYOSHI)
篠崎 誠(SHINOZAKI MAKOTO)
滝浪 佑紀(TAKINAMI YUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CPX1110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HT101 



授業の
目標
Course
Objectives
初年次導入科目として、現代心理学部の理念を体現する本授業科目を設置している。心・身体・映像の知たる新たな「人間学」の構築をめざして,各授業担当教員が多様な発題をおこなう。受講者には、この多様な発題を受けて、自ら考え、その見解を、自らの言葉で表現することが求められる。 
As an introductory course for the first year, this class has been established to embody the philosophy of the College of Contemporary Psychology. The instructors for each class present a variety of topics with the aim of constructing a new "human science” to understand mind, body and image. Given these topics, students are required to express their original thoughts in their own words. 
授業の
内容
Course
Contents
心・身体・映像の新たな「人間学」の構築という現代心理学部のコンセプトに鑑み,各授業担当教員が自らの専門学・領域より発題をおこない,受講者が今後の大学での学びを有機的に結び付け、自らのものとしていく契機を与える。受講者は,その成果をレポートにまとめ、報告を行う。 
In view of the concepts of the College of Contemporary Psychology to construct a new "human science" of mind, body and image, instructors for each class present topics from their own specialty and field, so that students may organically connect with their subsequent university learning, providing the opportunity to form one’s own knowledge. Students summarize these findings and present in a report. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:授業の目標,運営方法等の説明 
2. 十人十色な認知処理:共感覚を例に 
3. 「うつ病」のこころとからだ:精神医学は何を“診ている”のか 
4. 仮説確証傾向 
5. 「生きて在ること」をめぐる哲学と科学 
6. 父親とは 母親とは:現代親子関係の心理学 
7. 映画を見る(聴く)ことは簡単なことではない。 
8. 観光心理学とは? 
9. 20世紀型都市生活とハリウッド映画 
10. コミュニティ心理学:多様性を中心に 
11. 「劇」とは何か 
12. ビッグデータを用いた人間行動の分析 
13. 学生発表 
14. まとめ:レポート作成法と留意点の説明 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各授業担当教員は、必要に応じて参照すべき文献や資料(映像などを含む)を紹介する。関心を抱いた発題内容や最終レポートとして設定したテーマに関連する文献や資料については、時間外に図書館やデータベースなどを活用して調べ、内容を理解することが求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席,リアクションペーパーの内容(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP