シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HT201/学部統合科目1
(College Integrated Course 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
多感覚研究:複数の感覚が彩る知覚世界 
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA)
北川 智利(KITAGAWA NORIMICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) N8B1(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CPX2120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) HT201 



授業の
目標
Course
Objectives
人の感覚は,視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の5感により成り立っている。各感覚に対応する感覚器官は,目・耳・皮膚・口・鼻,とそれぞれ独立しているため,5感は独立して生じるという印象をもつだろう。しかし,例えば好きな食べ物のことを想像してみると,その食べ物の見た目だけではなく,匂い,音,味や触感までもが自然と思い浮かぶ。我々の知覚は,異なる感覚情報が相互作用し,混ざり合って成立している。本講義ではこのような多感覚統合知覚についての理解を深めることを目的とする。 
The human sensations consist of five senses: vision, audition, touch, taste, and smell. The sensory organs for each sense are independent of each other: eyes, ears, skin, mouth, and nose. Therefore, we may feel each sensation occur independently. However, when we think about our favorite food, we can spontaneously imagine not only the appearance of the food, but also the smell, sound, taste, and touch of the food. Different sensory information interactively forms our perception. The purpose of this lecture is to deepen our understanding of the role and contributions of multisensory interactions on our perception. 
授業の
内容
Course
Contents
この講義では,特に視覚・聴覚・触覚(体性感覚)について扱う。まず,視覚・聴覚・触覚(体性感覚)それぞれにおいて,外界の入力がどのように知覚として成立しているかについて,知覚情報処理メカニズムおよび神経メカニズムを学ぶ。次に,多感覚知覚の基本事項として,時間・空間情報処理特性やいくつかの著名な現象を学ぶ。あわせて方法論についても学ぶ。その上で,発展的な学びの内容として,多感覚知覚の様々な最先端の研究事例について学ぶ。以上の内容を通じて,多感覚知覚の背後にある知覚・脳情報処理メカニズムについて包括的な理解を深める。 
In this lecture, we will focus on the senses of vision, audition, and touch (somatosensory system). First, we will learn about perceptual neural mechanisms of visual, auditory, and tactile (somatosensory) sensations. We will then learn about spatial and temporal characteristics of and some famous phenomena for multisensory perception. Also, we will deepen our understanding of the methodology for investigating multisensory perception. We will further develop our understanding of multisensory perception by learning the findings of various cutting-edge researches. Through these activates, we will gain a comprehensive understanding of the perceptual and neural mechanisms underlying human multisensory perception. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入:多感覚知覚とは 
2. 視覚・聴覚・触覚(体性感覚)① 
3. 視覚・聴覚・触覚(体性感覚)② 
4. 視覚・聴覚・触覚(体性感覚)③ 
5. 多感覚知覚の基本 ① 
6. 多感覚知覚の基本 ② 
7. 多感覚知覚研究の最前線 ① 
8. 多感覚知覚研究の最前線 ② 
9. 多感覚知覚研究の最前線 ③ 
10. 多感覚知覚研究の最前線 ④ 
11. 多感覚知覚研究の最前線 ⑤ 
12. 多感覚知覚研究の最前線 ⑥ 
13. 多感覚知覚研究の最前線 ⑦ 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で紹介する事項・事例,文献等について復習と自発的な学習をすることが望ましい。さらに,期末レポートの作成に向けて,自ら学びを発展されることが必要となる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 76  %  
平常点(In-class Points) 24  %
リアクションペーパー (2% × 12回)(24%)
備考(Notes)
リアクションペーパーには,各回の授業内容に対して感想だけではなく疑問や質問等を記入することを求める。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業内で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本授業の7-13回分は北川先生にご担当いただきます。それ以外は日高が担当します。
原則として全ての授業回で対面での実施を予定しています。ただ,北川先生には遠隔地からリモートで授業をしていただきますので,北川先生ご担当回については,オンラインでの受講も可能とする予定です。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP