シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HT202/学部統合科目2
(College Integrated Course 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
人間の認知の仕組みを覗く 
担当者 (Instructor) 浅野 倫子(ASANO MICHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) N431(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CPX2120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) HT202 



授業の
目標
Course
Objectives
人間が物事を認識し、行動する仕組みについて、実証科学である心理学、特に認知心理学の観点から学ぶ。さらにそのような「心(mind)の働き」が私たちの日常生活とどのように関わり合っているのかについて考える。 
In this course, students will learn about the mechanisms by which humans perceive and act upon events from the perspective of the empirical science of psychology, particularly cognitive psychology. We will consider how these inner workings of our mind have to do with our daily lives. 
授業の
内容
Course
Contents
物事を見聞きし、認識し、記憶する、思考する、行動する、言葉を操る。私たちが普段何気なく行うこれらのような認知的活動は、どのような仕組みの上に成り立ち、また、社会や文化、遺伝とどのように関係するのか。心理学とは、これらの問題について実証的に探究する学問である。人間の認知の仕組みを調べると、人間はどのようなことが得意、あるいは不得意かも見えてくる。これは工業デザインや社会制度といった私たちの日常生活の物事と密接に関わるものである。主に認知心理学の知見をもとに、これらのトピックスについて学び、考える。主体的に考え、必要に応じて自主的に調べものをしたりすることが求められる授業である。 
Humans see, hear, perceive, recall, think, act, and manipulate words. What mechanisms make up these cognitive activities that we casually perform on a regular basis? Furthermore, how are they related to society, culture, and heredity? Psychology is the discipline that empirically investigates these topics. Upon investigating the mechanisms of human cognition, one can begin to see what strong points, and even weak points, humans possess. This is a subject closely related to the industrial designs and social systems that make up our daily lives. Students will contemplate these topics from the viewpoint of psychology. This is a course where students are expected to think and investigate proactively.  
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:心理学の概観 
2. 知覚、認識する 
3. 注意を向ける 
4. 記憶する 
5. 思考の仕組みとバイアス 
6. 言語を操る 
7. 心理学の研究手法 
8. 個人差 
9. 氏か育ちか 
10. 文化と心理学 
11. 人工知能 VS 人間の認知 
12. デザインと心理学 
13. 日常生活と心理学(1) 
14. 日常生活と心理学(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回の授業は部分的に関連し合っていることが多いため、毎回の授業内容をよく復習することが望ましい(それがその後の授業回の予習になる)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 75  %  
平常点(In-class Points) 25  %
リアクションペーパーの内容(25%)
テキスト
Textbooks
使用しない。授業中にプリントを配布して使用する。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
原則としてすべての回の授業を対面で実施する(ただし、状況によって変更の可能性あり)。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP