シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/社会調査法
(Methods of Social Research) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 跡部 千慧(ATOBE CHISATO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMX1190 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2021年度以降入学者対象
 
テキスト用コード (Text Code) IA094 



授業の
目標
Course
Objectives
・社会調査の意義・背景・方法に関わる基本的知識を習得する。
・ゼミや卒業研究で調査を行う際の前提となる知識を習得する。

【社会調査士】
本科目は社会調査士A科目に相当し、関連科目の導入編となっている。B科目「リサーチ方法論1」と併せて履修することで、社会調査の基礎を習得することができる。但し、社会調査士は、コミュニティ政策学科学生のみ申請可能である。 
・Acquire the basic knowledge related to the meaning, background, and methods of social research.
・Acquire the prerequisite knowledge for carrying out research in seminars and graduate research projects.

[Social Researcher]
This subject is equivalent to Social Researcher Certification Course A , and is an introductory part of the related subject. Taking this course with Research Methods 1, Course B will enable students to master the basics of social research. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、これから社会調査を本格的に学ぶ学生を対象に、社会調査の意義・背景・方法に関わる基本的知識を解説する。授業では、さまざまな社会調査の手法やデータ収集・分析のプロセス、社会調査の歴史と調査倫理などについて、調査の実例を紹介しながら説明する。あわせて、官庁統計や既存の質的調査・量的調査のデータを読み解く力を身に付けることを目的とする。 
In this class, we explain the basic knowledge related to the meaning, background, and methods of social research to students who are looking to study social research in earnest in the future. We explain various social research methods, data collection and analysis processes, the history of social researches, and research ethics, taking actual examples of researches into account. At the same time, the objective of the course is for students to acquire the ability to interpret government statistics and data from existing qualitative and quantitative surveys. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション――社会調査の目的とその種類 
2. 社会調査の歴史 
3. 社会調査の認識論と方法論 
4. 社会調査の企画と設計(1)──問い、概念、変数 
5. 社会調査の企画と設計(2)──仮説、操作化 
6. 社会調査の注意点と倫理 
7. 先行研究、既存資料・データベース、二次分析とその実例 
8. 量的調査とその実例(1)──調査票のつくり方 
9. 量的調査とその実例(2)──サンプリング、統計的研究と事例研究の違い 
10. 量的調査とその実例(3)──実査の方法とデータ化 
11. 質的調査とその実例(1)──観察法 
12. 質的調査とその実例(2)──ドキュメント分析 
13. 質的調査とその実例(3)──インタビュー 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の配付資料・ノートをよく読み返し、復習すること。疑問点については、参考文献などで調べること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
コメントカード兼出席票(30%)
備考(Notes)
単位修得のためには、3分の2以上の出席を必要とする。
テキスト
Textbooks
特に指定せず、授業では配付資料を使用する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大谷信介・他  新・社会調査へのアプローチ   ミネルヴァ書房  2013  978-4623066544 
2. 佐藤郁哉  社会調査の考え方・上下   東京大学出版会  2015  978-4130520263 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP