シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IB280/福祉行財政と福祉計画
(Finance,Administration and Plan of Social Welfare) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
社会福祉行政に「現場」のリアリティを反映させる 
担当者 (Instructor) 川村 岳人(KAWAMURA GAKUTO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB2230 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2020年度以前入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IB280 



授業の
目標
Course
Objectives
① 政府間関係や公私関係の検討を踏まえ,社会福祉行政を多角的に理解する。
② 各社会福祉計画の内容を理解した上で,分野別の各計画を統合する意義を理解する。
③ 社会福祉計画における住民参加の実効性を確保する方法を理解する。 
To understand social welfare administration from multiple perspectives, taking into account intergovernmental relations and public/private relations.
To understand the significance of integrating social welfare plans by field, based on an understanding of the contents of each social welfare plan.
To understand how to ensure the effectiveness of public participation in social welfare planning. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業では,まず,社会福祉行政の実施体制を理解した上で,地方分権改革がもたらした政府間関係や公私関係の変化を射程に入れ,社会福祉行政を多角的に理解する。次に,分野別社会福祉計画の法定化が進展したきた経緯を理解した上で,地域福祉の視点からこれらの計画を統合することの必要性を検討する。最後に,社会福祉計画の策定・実施・評価の各過程で住民参加を進めるにあたり,どのようにしたら実効性を確保することができるのかを検討する。 
In this class, after understanding the implementation system of social welfare administration, we will examine social welfare administration from various perspectives.
Next, we will understand how social welfare in each field has come to be managed based on plans, and examine the necessity of integrating these plans from the perspective of community welfare.
Finally, we will examine how to ensure the effectiveness of social welfare plans in promoting the participation of local residents in each process of their formulation, implementation, and evaluation. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 行政作用の類型と構成要素 
3. 社会福祉行政における地方分権改革 
4. 社会福祉行政の実施体制⑴ 国の役割 
5. 社会福祉行政の実施体制⑵ 地方自治体の役割 
6. 社会福祉行政の実施体制⑶ 「協力機関」の役割 
7. 社会福祉財政 
8. 社会福祉計画の基礎理論 
9. 社会福祉計画の歴史 
10. 社会福祉計画の類型⑴ 分野別の社会福祉計画 
11. 社会福祉計画の類型⑵ 地域福祉計画・地域福祉活動計画 
12. 社会福祉計画の類型⑶ 社会福祉計画と関連計画 
13. 社会福祉計画の方法⑴ 福祉ニーズの把握 
14. 社会福祉計画の方法⑵ 住民参加の技法 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業の最後に次回の講義内容の概略を説明し,関連する図書や新聞記事,映像資料などを紹介するので,これらを用いて事前学習をしてから次回講義に臨むこと。授業後は,テキストや講義レジュメを見直して事後学習を図ること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
リアクションペーパー(30%)
テキスト
Textbooks
テキストを使用せず,授業開始時に配付するレジュメを中心に進める。また,参考書は適宜紹介する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 武川正吾編  地域福祉計画―ガバナンス時代の社会福祉計画   有斐閣  2005  978-4641122604 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP