シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IB302/権利擁護と成年後見制度
(Advocacy and adult guardianship) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 飯村 史恵(IIMURA FUMIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB3230 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度~2020年度入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IB302 



授業の
目標
Course
Objectives
ソーシャルワークの基盤となる人権と社会正義,人間の尊厳などの基本理念と権利擁護に関わる今日的な課題を,現実に生じているさまざまな事象と絡めながら,体系的に理解する。
権利とは何か,権利が侵害されるとはどのようなことを意味するのか,誰が利用者の権利を擁護し得るのか等々,抽象的な概念を具体的事象に引き付けて,各自が自らの言葉で表現できるようになることを本講義の目標とする。 
Systematically understanding the various issues that occur in the real world related to fundamental issues such as human rights, social justice, human dignity and advocacy that are the foundation of social work.
The purpose of this lecture is to draw abstract concepts into concrete examples, and for students to express in their own words, what rights are, what kind of rights are violated, and who can protect the rights of users etc. 
授業の
内容
Course
Contents
権利に関わる基本的理解を基に,ソーシャルワークが対象とする利用者像を確認しながら,権利擁護が求められる社会的背景を具体的に紹介する。また,潜在化しやすい日常的な権利侵害の構造や虐待の発生メカニズムと解決策を学びつつ,社会システムとして求められる権利擁護システムや成年後見制度の現状と課題について講義する。さらに,ゲストスピーカーによる講義も予定しており,実践的な取り組みや課題について理解を深める。 
Based on a basic understanding of rights, I will introduce the specific social backgrounds where advocacy is required, and confirm the image of users who are the subject of social work. In addition, we will learn about the current status and issues in the rights advocacy system, and in the adult guardianship system, while learning the structure of potential abuses that are likely, along with the mechanisms and solutions in instances of abuse. In addition, lectures by guest speakers are planned, so that students can deepen their understanding of practical approaches and issues. 
授業計画
Course
Schedule
1. 相談援助活動と法 
2. 法律の基本概念と権利の構造(1) 
3. 法律の基本概念と権利の構造(2) 
4. 日常生活と社会的排除を考える 
5. エンパワメントとアドボカシーの理解 
6. 子ども虐待の現状と課題 
7. 高齢者虐待の現状と課題 
8. しょうがい者虐待の現状と課題 
9. 成年後見制度に関する基本的理解 
10. 日常生活自立支援事業の現状と課題 
11. 障害者権利条約と意思決定支援 
12. 地域における権利擁護システム 
13. 本人の立場に立つ権利擁護の視点 
14. 事例を通じて考える権利擁護の実際 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習については,参考文献等を含め,各々授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパーの内容(20%) 、中間レポート(40%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
特に指定せず,授業時にプリントを配布する。
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本講義は,社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験受験のための指定科目に該当する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP