シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IB303/現代社会と福祉2
(Modern Society and Welfare 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代社会で求められる社会福祉のありようとは 
担当者 (Instructor) 川村 岳人(KAWAMURA GAKUTO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB3230 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度~2020年度入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IB303 



授業の
目標
Course
Objectives
① 社会福祉を現代社会との関係性の中で捉え,改めて社会福祉のありようを原理的に問うことの意義を理解する。
② 現代社会の変容を踏まえた上で,そこで表出している生活問題やその背景的要因を理解する。
③ ②の生活問題を踏まえ,それを解決・緩和するための社会福祉政策や関連政策の動向と課題を理解する。 
To understand the significance of examining social welfare in principle by placing it in the context of contemporary society.
To understand the life problems that appear in modern society and the factors behind them.
To understand the trends and issues of social welfare policies and related policies for solving life problems. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業では,まず,改めて社会福祉のありようを原理的に問うことの意義を理解する。次に,現代社会で諸個人が経験している生活問題を捉える視点や,なぜそうした生活問題が発生しているのかという背景要因を理解し,その問題に社会的に対応することの必要性を検討する。そして,社会福祉が対象とする生活問題への政策的対応,すなわち福祉政策および関連施策に着目し,社会資源を効率的かつ公平に分配する方策のあり方を検討する。 
In this class, we will first understand the significance of examining social welfare in principle.
Next, we will gain an understanding of the perspectives from which life problems in modern society are viewed, and the background factors that explain why such life problems are occurring. We will then examine the necessity of solving these problems socially.
Then, we will focus on policy responses to life problems and examine ways to distribute social resources efficiently and fairly. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 社会福祉の原理 
3. 社会福祉の歴史的展開 
4. 社会福祉の理論 
5. 生活問題と社会構造-社会福祉の対象とは何か 
6. 社会福祉の新たな課題-社会的排除・社会的孤立を中心として 
7. 福祉政策の基本的な視点 
8. 福祉サービスの供給と利用過程 
9. 福祉政策の過程 ⑴福祉政策形成過程 
10. 福祉政策の過程 ⑵福祉政策と福祉計画 
11. 福祉政策の動向と課題 ⑴社会福祉基礎構造改革と「地域福祉の主流化」 
12. 福祉政策の動向と課題 ⑵地域包括ケアシステムから地域共生社会へ 
13. 福祉政策と関連施策-住宅政策を中心として 
14. 福祉政策の国際比較 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業の最後に次回の講義内容の概略を説明し,関連する図書や新聞記事,映像資料などを紹介するので,これらを用いて事前学習をしてから次回講義に臨むこと。授業後は,テキストや講義レジュメを見直して事後学習を図ること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
リアクションペーパー(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟 編  社会福祉の原理と政策   中央法規出版  2021  978-4805882344 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 岩田正美・上野谷加代子・藤村正之  ウェルビーイング・タウン 社会福祉入門 改訂版   有斐閣  2013  978-4641124974 
2. 岩田正美編  社会福祉への招待   放送大学教育振興会  2016  978-4595316197 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP