シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/精神保健福祉援助演習(専門)
(Seminar on Health and Welfare for Mentally Handicapped Person (Advanced Theory)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 杉山 明伸(SUGIYAMA AKINOBU) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) N843(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMB3320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2020年度以前入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IB630 



授業の
目標
Course
Objectives
精神保健福祉援助の知識と技術に係る他の科目との関連性も視野に入れつつ,精神障害がある人の生活や生活上の困難について把握し,ソーシャルワーカーに求められる相談援助にかかわる知識と技術について実践的に習得するとともに,理念として体系立てていくことを目標とします。 
Understanding the lives and challenges of people with mental disorders, while considering the relationship between knowledge of mental health and welfare support, and other skills related disciplines, the aim is to acquire practical knowledge of skills related to counseling support required by social workers, so as to establish a system based on principles. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目は「精神保健福祉援助実習」を履修することを希望し,選考された学生が受講する精神保健福祉士国家試験受験のための必修科目です。実習と並行して,総合的かつ包括的な相談援助,医療と協働・連携する相談援助事例を取り上げ,具体的な援助場面を想定しながら,個別指導・集団指導を通し演習形式で授業を展開します。 
This class is a requirement for the National Examination for Mental Health Social Workers, and students wishing to take “Fieldwork in Mental Health Social Work" should attend. In conjunction with practical training, by highlighting counseling support case-studies with coordination and cooperation with medical care that provided integrated and inclusive counseling support, students will hypothesize on specific support situations, with classes developing in seminar format through individual and group guidance. 
授業計画
Course
Schedule
1. 相談援助過程の概要 
2. 相談援助過程の実際(インテーク) 
3. 相談援助過程の実際(契約) 
4. 相談援助過程の実際(アセスメント) 
5. 相談援助過程の実際(プランニング) 
6. 相談援助過程の実際(支援の実施) 
7. 相談援助過程の実際(モニタリング) 
8. 相談援助過程の実際(効果測定と評価) 
9. 相談援助過程の実際(終結とアフターケア) 
10. 相談援助の関連技法(アウトリーチ) 
11. 相談援助の関連技法(ケアマネジメント) 
12. 相談援助の関連技法(チームアプローチ) 
13. 相談援助の関連技法(ネットワーキング) 
14. 相談援助の関連技法(ソーシャルアクション) 
15. 相談援助の関連技法(社会資源の活用・調整) 
16. 相談援助の関連技法(業務管理・開発) 
17. 事例検討(社会的排除) 
18. 事例検討(退院支援,地域移行) 
19. 事例検討(地域定着) 
20. 事例検討(ピアサポート) 
21. 事例検討(自殺) 
22. 事例検討(ひきこもり,児童虐待) 
23. 事例検討(薬物・アルコール依存) 
24. 事例検討(教育、就労支援) 
25. 事例検討(リワーク) 
26. 事例検討(貧困・低所得・ホームレス) 
27. 実習体験と実践的な知識と技術1 
28. 実習体験と実践的な知識と技術2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
新聞・ニュース等の精神保健福祉関連記事を確認し,その経緯・背景を調べてみましょう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(70%) 、レポート発表(30%)
備考(Notes)
出席を重視し、指定回数以上の欠席は単位不可とします。
テキスト
Textbooks
特にありません。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 日本精神保健福祉士養成校協会編集  新・精神保健福祉士養成講座第8巻「精神保健福祉援助演習(基礎・専門)」第2版   中央法規出版  2016年2月 1日  978-4-8058-5313-9 
その他(Others)
その他,必要に応じて紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP