シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/リサーチ方法論1
(Research Methods 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
リサーチ・デザインを学ぶ 
担当者 (Instructor) 跡部 千慧(ATOBE CHISATO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IC135 



授業の
目標
Course
Objectives
・自ら問いをたて、仮説を設定し、調査を企画・実施することができる。
・質問文や選択肢に配慮しながら、調査票を作成することができる。
・調査データの入力・集計を適切に行うことができる。

【社会調査士】
本科目は社会調査士B科目である。 A科目「社会調査法」を同時に履修するか、履修済であることが望ましい。 
・Ability to ask questions, set hypotheses, plan and conduct surveys.
・Ability to create questionnaires, with consideration of question sentences and options.
・Ability to properly input and aggregate survey data.

[Social Researcher]
This subject is equivalent to Social Researcher Certification Course B. It is preferred for students to have already taken Methods of Social Research, Course A, or to be taking simultaneously. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、社会調査の基本的事項を習得しつつある学生を対象に、調査の企画・実施からデータの収集・分析に至るまでのプロセスを実習形式で解説する。授業は、仮説生成型調査と仮説検証型調査の基本的な手法などに関する講義部分と、クラス内/学内での小規模な調査を実践する実習部分から成り立っており、履修者が社会調査の一連のプロセスを習得することを目的とする。 
While acquiring the basics of social research, students will learn in a practical training format, the processes from planning and implementation of research, to data collection and analysis. In this class, the purpose is to acquire the related processes of social surveying, with one part of the lecture consisting of the basic methods of both hypothesis generation and hypothesis verification type survey types, and another part where small-scale survey practicals are conducted, inside the class / university. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション──実習の構成・見取り図 
2. 社会調査の企画と設計(1)──仮説生成型と仮説検証型、統計的研究と事例研究 
3. 社会調査の企画と設計(2)──問い、概念、変数、仮説 
4. 仮説生成型調査(1)──フィールドワーク、事例研究 
5. 仮説生成型調査(2)──観察とフィールドノートの作成 
6. 仮説生成型調査(3)──質的コーディング 
7. 仮説生成型調査(4)──理論仮説の生成 
8. 仮説検証型調査(1)──サーベイ、統計的研究、サンプリング 
9. 仮説検証型調査(2)──仮説、質問項目、調査票の作成 
10. 仮説検証型調査(3)──プリテスト、調査票の検討と完成 
11. 仮説検証型調査(4)──調査票調査の実施と回収 
12. 仮説検証型調査(5)──調査データの整理・入力 
13. 仮説検証型調査(6)──データの集計(単純集計、度数分布、2変数のクロス集計表) 
14. まとめ・レポート提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に指示された作業が時間内に終わらなかった場合には、翌週までに進めてくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への実質的な参加(20%) 、授業内での課題(40%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
特に指定せず、授業では配付資料を使用する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大谷信介・他  新・社会調査へのアプローチ   ミネルヴァ書房  2013  978-4623066544 
2. 佐藤郁哉  フィールドワーク 増訂版   新曜社  2006  978-4788510302 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
グループ学習を中心とするため、出席はもちろん、授業への積極的な参加が求められる。課題説明やデータ入力・集計などを行う重要な回を欠席した場合、単位取得は難しい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP