シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC280/質的リサーチ
(Qualitative Research Method) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 跡部 千慧(ATOBE CHISATO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IC280 



授業の
目標
Course
Objectives
・質的調査の様々な方法の特徴と実際のプロセスを理解し、自身で調査を立案・実施できる能力を身につけること。
・質的調査を行う上で必要な心構えと姿勢を身につけ、将来的にフィールドワークを行う際に、現場との信頼関係を築けるようになること。

【社会調査士】
本科目は社会調査士F科目である。A科目「社会調査法」を履修済であることが望ましいが、必須ではない。なおG科目「社会調査実習」で質的調査クラスを選択する場合には、必ず履修すること。  
Understanding the characteristics and actual processes of various methods of qualitative research, and to acquire the ability to plan and conduct independent research.
- To acquire the necessary attitude and poise necessary to conduct qualitative surveys, and to be able to build relationships of trust in the location when conducting future fieldwork.
[Social Researcher]
This course is Methods of Social Research F. It is preferred, but not a requirement to have completed Subject A, “Methods of Social Research”. Students who have selected a qualitative research class in Subject G, “Practice in Social Research" must take this course.  
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、社会調査の基本的事項をすでに学んだ学生を対象に、質的調査に関する全般的な知識を解説する。講義のなかでは、質的調査に関する基本的事項、歴史、注意点と倫理について説明し、観察、ドキュメント分析、インタビューを中心に様々な方法とその実践例を提示する。講義を通じて、今後の調査や実践に質的調査を生かしてくための能力を身につけることを目的とする。  
This class provides general knowledge about qualitative research to students who have already learned the basics of social research. In this lecture, we will explain the fundamentals of qualitative research, history, points of caution and ethics, as well as present various methods and their practical examples, focusing on observation, document analysis, and interviews. Through lectures, the aim is for students to acquire the ability to utilize qualitative research in future investigations and practice. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション――授業の構成・見取り図 
2. 質的調査のさまざまな方法、歴史 
3. 質的調査の注意点と倫理 
4. 観察(1)──非関与型観察、低関与型観察 
5. 観察(2)──フィールドノーツ 
6. 観察(3)──参与観察 
7. 事例研究の特徴、信頼性/妥当性、代表性/比較可能性 
8. ドキュメント分析(1)──歴史学的アプローチ 
9. ドキュメント分析(2)──内容分析 
10. インタビュー(1)──構造化/半構造化/非構造化 
11. インタビュー(2)──実証主義/構築主義 
12. インタビュー(3)──生活史、ライフストーリー、ライフヒストリー 
13. 質的コーディング、モノグラフの作成 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の配付資料・ノートをよく復習し、疑問点については参考文献で調べてみること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー(30%) 、中間レポート(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
特に指定せず、授業では配付資料を使用する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐藤郁哉  フィールドワーク──書を持って街へ出よう 増訂版   新曜社  2006  978-4788510302 
2. 岸政彦・他  質的社会調査の方法   有斐閣  2016  978-4641150379 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP