シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC380/公共哲学
(General Philosophy) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
公共(性)の原理・思想・歴史 
担当者 (Instructor) 権 安理(GON ANRI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMX3200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IC380 



授業の
目標
Course
Objectives
公共について理解を深める。公共哲学のバリエーションを知る。戦後日本における公共の歴史を知る。他者との共存について,哲学的・原理的に考える方法を学ぶ。 
To deepen understanding of "the public". To gain knowledge of the variations of Public Philosophy. To gain knowledge of the postwar history of the public in Japan. To learn how to think philosophically, and in a principled manner about coexistence with others. 
授業の
内容
Course
Contents
今後,高等学校の社会科では「公共」という科目ができる。時代状況や社会の要請から,新たな科目ができるのであろうが,「公共」とはそもそも何であるのか。また近年,「公共哲学」という学問領域が注目されているが,それはなぜか。どのような特徴を持っているのか。この講義では,公共と公共哲学の原理や歴史を検討することを通じて,他者との共存・共生の領域である「公共」について考えていく。 
In the future, a subject called "public studies" will be offered in social studies in the high-school curriculum. It may be possible to create a new subject from the present situation and demands of society, but "the public" will be what? Also, in recent years, the academic field of "Public Philosophy", which differs from conventional philosophy has attracted attention, but why? What are its features? In this lecture, we will consider “the public” as an area of coexistence with others, examining the principles and history of the public, and of Public Philosophy. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 哲学について 
3. 公共について 
4. リバタリアニズム 
5. リベラリズム 
6. コミュニタリアニズムリアニズム 
7. ハーバーマス 
8. アーレント1 
9. アーレント2 
10. 公共の展開1 
11. 公共の展開2 
12. 公共の展開3 
13. 公共の展開4 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じ,授業時に提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 85  %  
平常点(In-class Points) 15  %
リアクションペーパーと授業への姿勢(15%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 権安理  『公共的なるもの:アーレントと戦後日本』   作品社  2018  9784861826719 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
空き時間を埋めるためではなく,興味を持って履修する受講者を求める。写真や図などを多用して初学者にもわかりやすい講義となるよう努めるが,授業態度には厳しくする。私語や携帯,睡眠,スライドの撮影などは厳禁の授業なので(平常点に反映される場合がある),その点を自覚(理解と賛同)したうえで履修すること。なお,内容と順番は多少変更する可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP