シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/社会調査実習
(Practice in Social Research) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
質的調査 
担当者 (Instructor) 跡部 千慧(ATOBE CHISATO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) N841(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC3020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IC572 



授業の
目標
Course
Objectives
・質的調査の立案、実施、データ分析、報告書の作成に至るまでの、一連のプロセスを習得すること。
・とりわけ観察法、ドキュメント分析(既存資料の活用)、インタビューの手法に習熟すること。

【社会調査士】
本科目は社会調査士G科目である。履修条件については履修要項をよく確認すること。なお、F科目「質的リサーチ」を履修済であるか同時履修することが望ましい。 
・Learning a series of processes ranging from planning of qualitative research, to implementation, data analysis, and production of reports.
・In particular, observation methods, document analysis (utilization of existing materials), and interview techniques are acquired.

[Social Researcher]
This subject is equivalent to Social Researcher Certification Course G. Check course requirements carefully for the enrollment conditions. Note, it is preferred for students to have taken Course F “Qualitative Research Method" or to take simultaneously. 
授業の
内容
Course
Contents
授業は「現代コミュニティの複合的問題」という大枠のテーマのもと、履修者とのディスカッションを通して具体的な調査テーマを決定する。その上で、テーマに関する学習、調査課題の設定、調査の企画、 調査の実施、データの整理・分析、報告書の作成というプロセスを学ぶ。具体的には以下のスケジュールで進める。

春学期:オリエンテーション、調査テーマの決定、事前学習、調査課題の設定、調査の企画
夏休み:事前調査の実施
秋学期:調査の実施、データの整理・分析、報告書の作成 
The class is based on the general theme of "Multiple problems in the modern community", with specific research themes to be decided through discussion with students. In addition, students will learn the process of theme related study, from setting the research topic and designing surveys, to conducting research surveys, managing and analyzing data and producing reports. Specifically, we will proceed according to the following schedule.
Spring semester: Orientation, deciding research themes, pre-study, setting survey topics, and design of surveys.
Summer vacation: Conducting preliminary survey
Fall semester: Conduct surveys, organize and analyze data, and prepare reports. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 質的調査に関する講義(1) 
3. 質的調査に関する講義(2) 
4. フィールドノートを読む(1) 
5. フィールドノートを読む(2) 
6. フィールドノートを読む(3) 
7. フィールドノートを書く(1) 
8. フィールドノートを書く(2) 
9. フィールドノートを書く(3) 
10. モノグラフを読む(1) 
11. モノグラフを読む(2) 
12. モノグラフを読む(3) 
13. 調査計画の立案(1) 
14. 調査計画の立案(2) 
15. 中間報告(1) 
16. 調査データの整理(1) 
17. 調査データの整理(2) 
18. 調査データの整理(3) 
19. 中間報告(2) 
20. 調査データの分析(1) 
21. 調査データの分析(2) 
22. 調査データの分析(3) 
23. 中間報告(3) 
24. モノグラフを書く(1) 
25. モノグラフを書く(2) 
26. モノグラフを書く(3) 
27. 最終報告 
28. まとめとレポート提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
夏休み中または学期中に調査を行います。また授業時間外でグループの打ち合わせなどが必要となる場合があります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への実質的な参加(30%) 、中間報告(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
単位取得のためには、3分の2以上の出席を必要とする。
テキスト
Textbooks
特に指定せず、授業では配付資料を使用します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐藤郁哉  フィールドワーク──書を持って街へ出よう 増訂版   新曜社  2006  978-4788510302 
2. 佐藤郁哉  社会調査の考え方 上・下   東京大学出版会  2015  978-4130520263 
3. 岸政彦・他  質的社会調査の方法   有斐閣  2016  978-4641150379 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
演習形式ですので、出席はもちろんのこと、授業やグループワークへの積極的な参加が求められます。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP