シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ID266/スポーツウエルネス心理学
(Sport Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日常生活の充実と競技力向上のための心理学 
担当者 (Instructor) 大石 和男(OISHI KAZUO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMD2690 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ID266 



授業の
目標
Course
Objectives
競技者にとって、心理的な知識や技術を習得することは競技力を向上させるための重要な手段の一つである。また非競技者にとっても、スポーツや身体運動を実施することにより、心理面や身体面などのウエルネスレベルの向上などさまざまな効果が期待される。本講義では、心理的スキルの基礎的な知識を習得し、競技力の向上や日常生活でのウエルネスレベルの向上に応用できることを目指す。 
The acquisition of psychological knowledge and skills is an important way for athletes to improve their performance. Sports and physical exercise can have various benefits such as improvements in psychological state and levels of fitness and wellness, even for those who are not engaged in competitive activity. The aim of this course is for students to acquire a basic knowledge of psychological skills and to be able to apply these to improving their competitive capabilities and their levels of well-being in daily life. 
授業の
内容
Course
Contents
競技者にとっては、心・技・体のバランスとそれらの向上が競技力を高めるのに欠かせないが、特に一流競技者では心理面での知識や方略が勝敗を分けることは珍しくない。一方非競技者に注目すると、スポーツや身体運動は、体力の向上や生活習慣病の予防などの身体的側面ばかりではなく、最近では認知機能や心理社会的側面においても重要な働きを持つことが明らかとなっている。本講義では、前半に身体運動に関連した行動変容やストレス対処に関連する基礎的知識、後半はスポーツに関連したトピックス等について学ぶ。講義内容は受講生の興味などにより極めて柔軟に対応する。 
For athletes, improving the balance between the respective elements of the mind, the body and technique is essential for improving competitive ability. It is not uncommon, especially in top athletes, for psychological knowledge and strategy to be the difference between winning and losing. For non-competitors, sports and physical activity also have an important role to play not only in physical aspects such as the improvement of physical strength and prevention of lifestyle-related diseases, but also, more recently in the cognitive function and psychosocial aspects. In the first half of this course, students will learn about mental skills, psychology, and wellbeing in their daily lives; in the second half they will learn how these relate to sports activities and the meaning of life. 
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに 
2. 身体運動が持つ心理的効果と健康行動への影響 
3. 行動変容理論の実践的適用 
4. 行動変容を意図したプログラム開発及びカウンセリング 
5. 運動が持つ健康行動への影響 1 
6. 運動が持つ健康行動への影響 2 
7. あがりの克服・リラクセーションの技術 
8. メンタルトレーニング 
9. イップスを考える 
10. スポーツとタイプA行動様式 
11. スポーツとGRIT 
12. スポーツ選手の心理サポート~ストレスマネジメントとカウンセリング~ 
13. スポーツと勇気~アドラー心理学~ 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業前や授業後に課題を提示し、その提出や発表を求めることがある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
各講義時に実施するリアクションペーパー(30%) 、講義中の発表内容や態度等(20%)
備考(Notes)
単位取得には、最低でも全講義数の3分の2以上の出席を必要とする。
テキスト
Textbooks
事前に用意すべきテキストや参考書は考えていない。必要に応じて資料を配布する予定である。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP