シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
抽選登録/動作分析法演習
(Exercise Analysis Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石井 秀幸(ISHII HIDEYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) N831(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMD3200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 人数制限30名 
テキスト用コード (Text Code) ID390 



授業の
目標
Course
Objectives
スポーツや日常生活における身体動作を、バイオメカニクス的手法を用いて計測・分析する技術を習得する。 
Students will acquire skills in measuring and analyzing physical movements in sports and daily life using biomechanics. 
授業の
内容
Course
Contents
「スポーツパフォーマンス向上」「外傷・障害予防」「健康維持・増進」に関わる身近な身体動作について、機器を用いた計測と解析ソフトなどを用いた分析を経験する。さらに、分析結果をバイオメカニクス的に解釈する。 
Students will learn about using measuring equipment and analysis software in relation to common physical movements concerning the improvement of sports performance, the prevention of injury and disability, and the promotion and maintenance of health. In addition, they will interpret the results of the analysis using biomechanics. 
授業計画
Course
Schedule
1. 動作分析法演習について 
2. 講義(ハイスピードカメラによる撮影、床反力計による計測) 
3. 計測(歩行動作) 
4. 分析(歩行動作) 
5. 分析(歩行動作) 
6. 計測(開眼・閉眼片脚立ち) 
7. 分析(開眼・閉眼片脚立ち) 
8. 分析(開眼・閉眼片脚立ち) 
9. 計測(跳躍動作) 
10. 分析(跳躍動作) 
11. 分析(跳躍動作) 
12. 多人数データの分析 
13. 多人数データの分析 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じ、授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業時に課すレポート(複数を合算)(40%) 、出席および授業への参加態度(60%)
テキスト
Textbooks
特定の教科書は使用しない。必要に応じて授業時に資料を配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ゴードン・ロバートソン他著 阿江通良監訳  『身体運動のバイオメカニクス研究法』   大修館書店  2008年 4,180円  978-4469266535 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
「バイオメカニクス」の単位を取得済みであることが望ましい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP