シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/英米文学研究方法論2
(Methodology of Eng.& Amer. Literature 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小山 太一(KOYAMA TAICHI)
藤巻 明(FUJIMAKI AKIRA)
岩田 美喜(IWATA MIKI)
唐澤 一友(KARASAWA KAZUTOMO)
新田 啓子(NITTA KEIKO)
古井 義昭(FURUI YOSHIAKI)
イエイツ,M.(YATES MICHAEL D. H.)
舌津 智之(ZETTSU TOMOYUKI)
澤入 要仁(SAWAIRI YOJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) A202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) A202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
EAL6813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 2時限連続(隔週開講) 
テキスト用コード (Text Code) JB146 



授業の
目標
Course
Objectives
 学位授与方針に示された「自らの知見を他者に客観的かつ説得的に伝達するための論理構築と表現技法」を身につけ、同時に、参加者が相互に啓発し合うことによって批評・批判の技術を習得します。 
Students will gain an understanding of “logical constructs and techniques of expression for objectively and persuasively communicating one’s own knowledge” as stated in the Policy on Conferment of Degrees. Participants will also learn critical reviewing techniques through giving critiques to one another. 
授業の
内容
Course
Contents
 本科目では毎回数名の院生が個々の研究計画や成果を発表し、教員を含む全参加者がそれぞれの研究方法の有効性や発展性、実証性を評価します。発表予定者はつねに徹底した発表原稿を準備し、より効果的な発表方法を検討しなければなりません。他方、参加者の方も、自己の問題意識を先鋭化し、研究姿勢や研究方法の充実を図るため、積極的に討論に参加することが要求されます。 
 In this module, several graduate students will present their individual research plans and/or findings in each class. Then all participants, including teaching staff, will evaluate the effectiveness, expansiveness and validity of their various research methods. Students who will present must always prepare a thorough script for their presentation and consider more effective presentation techniques. On the other hand, students in the audience must also actively participate in debates in order to improve their attitude to research, research methodology and awareness of relevant issues. 
授業計画
Course
Schedule
1. 発表と討論1 
2. 発表と討論2 
3. 発表と討論3 
4. 発表と討論4 
5. 発表と討論5 
6. 発表と討論6 
7. 発表と討論7 
8. 発表と討論8 
9. 発表と討論9 
10. 発表と討論10 
11. 発表と討論11 
12. 発表と討論12 
13. 発表と討論13 
14. 発表と討論14 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 発表の対象となる作家の主要作品をあらかじめ読み、発表者が事前に用意する発表要旨にも目を通しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表・授業貢献(60%) 、レポート(40%)
テキスト
Textbooks
発表者の準備する資料と、発表で扱う作家の作品。
参考文献
Readings
発表者の資料にあげられている参考文献。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP