シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JC162/東洋史演習 1B
(Seminar in Asian History 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アジア史研究の諸問題 
担当者 (Instructor) 上田 信(UEDA MAKOTO)
四日市 康博(YOKKAICHI YASUHIRO)
深津 行徳(FUKATSU YUKINORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5126(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS5510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PC322 
テキスト用コード (Text Code) JC162 



授業の
目標
Course
Objectives
アジア史の諸問題について理解を深化させる。 
Students will deepen their understanding of issues in Asian history studies. 
授業の
内容
Course
Contents
アジア史の諸問題について、報告・討論を行う。 
The course will engage in reports and discussions on issues in Asian history studies. 
授業計画
Course
Schedule
1. 参加者の研究テーマの報告と討論(1) 
2. 参加者の研究テーマの報告と討論(2) 
3. 参加者の研究テーマの報告と討論(3) 
4. 参加者の研究テーマの報告と討論(4) 
5. 参加者の研究テーマの報告と討論(5) 
6. 参加者の研究テーマの報告と討論(6) 
7. 参加者の研究テーマの報告と討論(7) 
8. 参加者の研究テーマの報告と討論(8) 
9. 参加者の研究テーマの報告と討論(9) 
10. 参加者の研究テーマの報告と討論(10) 
11. 参加者の研究テーマの報告と討論(11) 
12. 参加者の研究テーマの報告と討論(12) 
13. 参加者の研究テーマの報告と討論(13) 
14. 参加者の研究テーマの報告と討論(14) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習の指示は、原則として演習中に行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および受講態度(50%) 、報告内容(50%)
テキスト
Textbooks
なし。
参考文献
Readings
なし。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
特になし。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP