シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JD152/地域社会研究方法論 B
(Method of Area Studies B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
合同ゼミナール 
担当者 (Instructor) 丸山 浩明(MARUYAMA HIROAKI)
野中 健一(NONAKA KENICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 6208(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS6610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:PD302 
テキスト用コード (Text Code) JD152 



授業の
目標
Course
Objectives
地域研究を行う際の方法論を、人文地理学・文化人類学および関連する学問分野から学び、それを実際にどのように生かすかを具体的に検討する。春学期の地域社会研究方法論Aを履修した大学院生が継続して本授業を履修し、さらに修学を深化させる。したがって春学期の地域社会研究方法論Aから継続して履修することが期待される。 
From human geography, cultural anthropology, and related disciplines, students will learn methodologies for conducting regional research, and will specifically examine how to put those into practice. Graduate students who took Method of Area Studies A in the spring semester continue on to this class to deepen their studies. Therefore, students expected to continue on to this course from Method of Area Studies A in the spring semester. 
授業の
内容
Course
Contents
履修者がそれぞれの関心と現在の研究テーマに即して順次発表を行う。複数の関連教員と専攻の大学院生全員が常に出席して討議を重ねる。発表は学会や研究会での口頭発表に準ずるものとなるよう、発表者は資料の提示や論旨の組み立て、研究の位置づけなどにおいて、それぞれ説得力を発揮することが期待されている。修士論文執筆、各種学会誌への投稿、各種研究学会での発表に向けて、日程を調整しながら内容の高度化を図る。 
Course takers will deliver presentations on their current research themes of interest. Multiple related faculty members and all graduate students in the course will attend to engage in discussions. Presenters will be expected to demonstrate persuasiveness in the presentation of materials, assembly of main points, positioning of research, etc., so that presentations will conform to oral presentations in academic meetings or study groups. Adjusting the class schedule as required, the course will aim to enhance the content of students' master's degree theses, submissions to academic journals, and presentations in study groups. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 大学院生による発表と議論 1 
3. 大学院生による発表と議論 2 
4. 大学院生による発表と議論 3 
5. 大学院生による発表と議論 4 
6. 大学院生による発表と議論 5 
7. 大学院生による発表と議論 6 
8. 大学院生による発表と議論 7 
9. 大学院生による発表と議論 8 
10. 大学院生による発表と議論 9 
11. 大学院生による発表と議論 10 
12. 大学院生による発表と議論 11 
13. 大学院生による発表と議論 12 
14. 大学院生による発表と議論 13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に指導教員と十分な打ち合わせをしておくことが望まれる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の議論、発表方法・内容(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP