シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JD169/地理学演習 1A
(Seminar in Geography 1A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
地域研究論 
担当者 (Instructor) 丸山 浩明(MARUYAMA HIROAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 5208(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS5610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JD169 



授業の
目標
Course
Objectives
地理学の基礎的な理論や方法,先行研究の成果などについて,参加者の具体的な研究発表や全体討論を通じて理解力を高める。また,論文作成に関わる論理的・技術的手法を習得する。 
The course will enhance students' understanding of fundamental theories and methods of geography, the findings of previous research, etc. through research presentations and general discussions by participants. In addition, students will learn logical and technical methods related to the writing of research papers. 
授業の
内容
Course
Contents
各自の興味・関心や問題意識に即した研究発表と参加者による全体討論を通じて,フィールドワークに立脚した地理学的研究能力や,論文執筆能力の向上を図る。なお,科目の性格上,地理学演習1Bも併せて受講することが望ましい。 
Through research presentations and general discussions by participants in line with their own interests and awareness of issues, the course aims to improve students' capabilities for fieldwork-based geographical research and for writing research papers. Due to the nature of the subject, students are recommended to take the course together with Seminar in Geography 1B. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 参加者による報告(1) 
3. 参加者による報告(2) 
4. 参加者による報告(3) 
5. 参加者による報告(4) 
6. 参加者による報告(5) 
7. 参加者による報告(6) 
8. 参加者による報告(7) 
9. 参加者による報告(8) 
10. 参加者による報告(9) 
11. 参加者による報告(10) 
12. 参加者による報告(11) 
13. 参加者による報告(12) 
14. 参加者による報告(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の問題意識や興味関心に従い,関連の学術論文や研究書などを渉猟して、鋭意文献研究を進めておくこと。また、毎時の授業で指摘された課題については、次回の授業までに改善をはかること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の議論、発表方法・内容(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業において適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP