シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JD174/文化人類学演習 1B
(Seminar in Cultural Anthropology 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
民族文化論 
担当者 (Instructor) 橋本 栄莉(HASHIMOTO ERI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS5610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JD174 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義の目標は、民族誌や人類学の理論書の精読を通じ、他者の社会を描く技法を学び、自身の研究の問いを深化させることである。初回は対面実施とし、以後は履修者との相談により決定する。 
In this class, we will study the history and theories of anthropology. Students will learn how to relate their concern or research topic to anthropological theories. 
授業の
内容
Course
Contents
人類学者の職人仕事は、フィールドワークによって観察された局地的な事実の中に、人類に共通する広く普遍的な原理を見つけ出すことである。そのために、調査対象となる社会に没入し、自身の思考枠組みを解体しながら、新たな現実のありかたを民族誌の記述によって構築する。本講義では、既存の思考枠組みを批判的に検討するための視点と、文脈や地域を越えて人類の普遍性を検討する技法を、民族誌をはじめとする文献の購読を通じて学ぶ。ただし、輪読文献や講義内容は、受講生の興味関心に応じて、授業内で相談しながら決定する。 
Anthropological work is to elucidate universal principles common to human beings from the local facts observed by fieldwork. For this purpose, anthropologists immerse themselves in the local societies, disassembling their own thinking frameworks, and constructing a new way of reality based on ethnographic descriptions. In this class, we will learn the viewpoint of deconstructing our analytical frameworks. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 民族誌の読解と議論(1) 
3. 民族誌の読解と議論(2) 
4. 民族誌の読解と議論(3) 
5. 民族誌の読解と議論(4) 
6. 民族誌の読解と議論(5) 
7. 民族誌の読解と議論(6) 
8. 民族誌の読解と議論(7) 
9. 民族誌の読解と議論(8) 
10. 学生による研究発表(1) 
11. 学生による研究発表(2) 
12. 学生による研究発表(3) 
13. 学生による研究発表(4) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指定するテキスト(民族誌)を精読してくること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
議論への参加(60%) 、発表準備(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP