シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JD176/文化人類学演習 2B
(Seminar in Cultural Anthropology 2B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
文化環境論 
担当者 (Instructor) 野中 健一(NONAKA KENICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS5610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JD176 



授業の
目標
Course
Objectives
文化生態学的・生態人類学的観点にたった研究の方法論を理解・実践する。 
Students will learn and put into practice methodologies for research from cultural-ecological and ecological-anthropological points of view. 
授業の
内容
Course
Contents
現場の問題発見と解決のための文化生態学および生態人類学および関連する学問分野の方法論について国内外の論文を精読し,問題設定,方法,分析手法を学ぶ。
参加者と取り上げる学術誌論文および基本的専門書を検討し,分担を決め,毎回の発表を行い,研究分野の基礎から自分自身の研究の構想を行う。 
Students will engage in careful reading of research papers from Japan and from abroad on the methodologies of cultural ecology and ecological anthropology in order to discover and resolve issues in the field, and will learn about methods for analyzing and setting issues.
Participants will examine academic journal articles and basic technical documents, will divide these up and carry out presentations every session, and will design their own research from the fundamentals of their research fields. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究課題の発展と研究整理1/文献紹介と説明 
2. 研究課題の発展と研究整理2/各自の発表と議論 
3. 研究課題の発展と研究整理3/同上 
4. 関連分野の分析方法の応用1/文献紹介と説明 
5. 関連分野の分析方法の応用2/各自の発表と議論 
6. 関連分野の分析方法の応用3/同上 
7. 研究史の再構築1/文献紹介と説明 
8. 研究史の再構築2/各自の発表と議論 
9. 研究史の再構築3/同上 
10. 課題論文発表1/文献紹介と説明 
11. 課題論文発表2/各自の発表と議論 
12. 課題論文発表3/同上 
13. まとめと今後の展望1/同上 
14. まとめと今後の展望2/同上 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
専門論文を多く読み自らの研究史を整理する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、発表内容(30%) 、授業参加態度(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
適宜指示する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP