シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JD178/超域文化学演習 1B
(Seminar in Interdisciplinary Cultural Studies 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
建築文化論 
担当者 (Instructor) 山下 王世(YAMASHITA KIMIYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 6時限(Period 6) X205(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS5610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JD178 



授業の
目標
Course
Objectives
 イスラーム建築史、建築文化論に関する研究成果や史料を,整理・検討する力をつける。 
 Students will acquire the ability to organize and examine research findings and historical materials on Islamic architectural history and theories of architectural culture. 
授業の
内容
Course
Contents
 イスラーム建築史、建築文化論に関する文献講読を行う。毎回、報告者を定めて報告を行った上で議論し,研究史と近年の研究状況,史料講読に関して理解を深める。 
 Students will engage in reading of literature on Islamic architectural history and theory of architectural culture. In each session, they will engage in a discussion of a report by a designated reporter, and deepen their understanding of the history of research, the state of recent research, and readings of historical materials. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス/授業の目的と進め方の説明 
2. 受講者による報告と全体討論(1) 
3. 受講者による報告と全体討論(2) 
4. 受講者による報告と全体討論(3) 
5. 受講者による報告と全体討論(4) 
6. 受講者による報告と全体討論(5) 
7. 受講者による報告と全体討論(6) 
8. 受講者による報告と全体討論(7) 
9. 受講者による報告と全体討論(8) 
10. 受講者による報告と全体討論(9) 
11. 受講者による報告と全体討論(10) 
12. 受講者による報告と全体討論(11) 
13. 受講者による報告と全体討論(12) 
14. 受講者による報告と全体討論(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献を事前に読んで授業に臨む。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告の内容(50%) 、討論への参加・貢献度(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回は対面実施とし、その後は履修者との相談により決定。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP